今回はベース演奏の基本「ツーフィンガー奏法」をご紹介!ツーフィンガー奏法とは、その名の通り2本の指で弦を弾く奏法です。弾き方によってサウンドが大きく異なる為、ピック弾きよりも表情豊か … ってしまうかもしれません。そこで今回はそれぞれの特徴・違いについて解説します! ベースの演奏方法で、特に弦の弾き方は大きく分けると2つあります。それは「ピック弾き」と「指弾き」です。 文字通りベースをピックで弾くか指で弾くかの違いですが、何となく「指弾き=難しい、上級者向け」「ピック弾き=簡単、初心… 続きを読む ストはもちろん、ベースを始めたばかりの初心者の方も参考にしてください。 3つのコツ. ¦æ‰‹ã®å‹•ãã‚„音について解説をしております。 あいみょんさんの「マリーゴールド」のサビをベースで弾きました。 ベース初心者でも分かりやすい楽譜もあります。 ベースの指弾きを毎日練習しているけど、指が速く動かないからテンポが速い曲だと指が追い付かない…どうやったら指が速く動くようになるの?, ベースを弾いている人で、このような悩みを持っている人は多いのではないでしょうか。本記事では、ベースの指弾き(2フィンガー)で速く弾けるようになるためにはどうすればよいかについて書いていきます。この記事を書いている私は、ベースを10年以上続けています。指が速く動くようになったのはここ1、2年の話ですが、今は2フィンガーでBPM210くらいまでなら安定して8分音符を鳴らし続けられます。(頑張ればBPM240くらいまで弾ける!←強がり), beats per minuteの略1分間に刻むビートで、曲のテンポを表す。BPM60なら時計の秒針と同じ速さ。, 指弾きで速く弾くためにはどうしたらいいの?という疑問に対して、私が思う答えは『練習を重ねる』です。ここにきて精神論かよ!って思うかもしれませんが、ちゃんと理由があります。どういうことなのか、本記事で解説していきますね。あわせて、指弾きで速く弾くための「ピッキングのコツ」と「効果的な練習方法」も解説します。テンポが速い曲を弾けなくて悩んでいる方は、一度読んでみてください!, まず、指弾きで速く弾けるようになるための重要なポイントは『弾くときに使う筋肉』だと私は考えています。指でピッキングするときには、指先だけではなく、腕や手首など多くの筋肉を使っています。特に、弾いているときに腕の筋肉に集中してみると、ちゃんと腕の筋肉を使って弦をはじいている感覚がわかると思います。いまいちピンとこなければ、実際に弾いてみてください。, このように、ベースを弾くときにはたくさんの筋肉を使うので、安定して弾くためには演奏で使う筋肉を鍛える必要があります。筋肉を鍛えると言っても、筋トレをするわけではありません。ここで冒頭のお話に戻るのですが、指弾きで使う筋肉を鍛えるには『練習を重ねる』のが1番効率的かつ効果的だと考えます。というよりも、演奏に使う筋肉を演奏以外の方法で鍛えるのもナンセンスだと思わないですか?というわけで、指弾きで速く弾くためには『練習を重ねる』という結論になります。強いて言うなら、指のストレッチくらいは効果があるかもしれません。運動をする前に準備体操をするのと同じ感覚です。速いピッキングには指の柔軟性も大事なので、日頃からストレッチしておくと柔軟なピッキングができるようになるかもしれません。, 2フィンガーで速く弾くときに私が意識している大切なポイントは2つ「脱力」と「ハッキリとはじく」です。, 繰り返しですが、ベースのピッキングには多くの筋肉を使っています。無駄な力が入っているとすぐ疲れてしまうのは簡単に想像できますよね。なので、まず1つめのポイント「脱力」が大事になってきます。脱力は、速く弾くときに限らず、指弾きする上で大切なポイントです。, それともうひとつ、指を速く動かそうとするとピッキングが弱くなってしまいがちです。脱力するといっても、弦を撫でるように軽くピッキングするのとは違います。力を抜きながら、力強くピッキングするのがコツです。これが「ハッキリとはじく」です。指弾きで速く弾くときは、力を抜きながらしっかりとはじき、1粒1粒の音をしっかりと鳴らす意識が大切です。, 私もよく参考にさせていただいている教則動画がありますので、引用させていだたきます。, 「速く弾く」ことにフォーカスするなら、速く弾けるようになるための練習をしないと上達はなかなか難しいかもしれません。そこで、私も普段からやっている「速く弾けるようになるための効果的な練習方法」を3つ紹介します!, 速く弾けるようになるための練習、1つめはメトロノームにあわせて弾く方法です。速く弾く練習に限らずですが、メトロノームに合わせて弾く練習は効果絶大です。メトロノームがないと、リズムがモタついたりハシッたりしても、頭の中でリズムを補正できてしまいます。(要は誤魔化して演奏できるってこと)メトロノームがあれば誤魔化しは利かないので、モタついたりハシッたりしても常に正しいリズムに補正していかなければなりません。正しいリズムを身につけることができ、かつ速いリズムの練習になる。まさに一石二鳥ですね!速く弾く練習なら、あなたが今安定して弾ける速さよりちょっと速いくらい(ちょっと苦しいと感じる速度)で弾いてみましょう。延々と8分音符を刻むだけでもOKですが、退屈に感じるなら下記の記事も参考にしてみてください。, 速く弾けるようになるための練習、2つめは8分音符ルート弾きの曲を引き倒す方法です。要は「曲にあわせて弾く練習」です。本来はピックで弾くような“8分音符ルート弾きの曲”を指で弾きまくります。曲に合わせて弾くので、楽しく練習することができます。選曲のコツは、自分が弾ける速さよりちょっと速いくらいの曲をチョイスすることです。たとえば…, などなど。左手の指の動きが少ない曲を選ぶのがポイントです。選曲に悩んだら、下記の記事も参考にしてみてください。, 速く弾けるようになるための練習、3つめは安定して弾ける曲を倍速で演奏する方法です。いまのあなたが1曲通して弾ける曲を、YouTubeの再生速度機能や倍速再生できる音楽プレーヤーを使って、速度を変えて練習します。限界よりちょっと速いくらいの速度で弾くと、指を速く動かすための効果的な練習になります。普段から練習している曲を使うので、すぐに実践できるというメリットもあります。, ベースの指弾きで速く弾けるようになる練習をする上で大切な心得があります。それは、いきなり弾けるようになろうとしないこと。言ってしまえば指を速く動かすだけなので、上手く弾けないと「なんで弾けないんだ…!」と萎えてしまって、終いには「自分はこれ以上速く弾くのは無理だ」と無意識に限界の壁を作ってしまうこともあると思います。(以前の私…笑)普段から速く弾く練習をしていないのなら、速く弾けないのは当たり前です。萎える必要はありません。練習を重ねることで徐々に鍛えられて、弾くときに使う筋肉や弾く感覚が身に付いていくものです。少年野球の選手の子が、いきなり140キロの球を投げたいと思っても急に投げれるようにはなりませんし英語をどれだけ勉強していても、普段から喋っていなければ発音やイントネーションまで上手く喋れないですよね?上手くなる感覚や必要な筋肉が足りていないので、当たり前のことです。速く弾けるようになると曲のレパートリーも増えるし、テクニックの面で他の人よりも一歩前に出れるので、はやる気持ちはわかりますが、現実的に練習を重ねて感覚や筋肉を鍛えるしかないので、焦らず少しずつできるようになっていきたいですね。, しつこいですが、ベースの指弾きはいきなり速く弾こうとしても弾けるようにはなりません。指弾きで速く弾けるようになるためには、日々の練習を重ねて筋肉と感覚を鍛えることが大切です。焦らず、ゆっくりじっくり取り組めば必ず弾けるようになりますので、弾けるようになった自分を思い描きながら日々の練習に取り組んでみてください…!, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 初心者の頃は「the pillows」「THE BLUE HEARTS」「GO!GO!7188」などをコピーしてました, これからベースを始める人や、ベースを始めたばかりの人に向けたコンテンツをお届けします. 指弾きは、ベースをやろう!指で弾こう!となったらゼロから努力が必要なので、それなりに弾けるようになるまでには手間がかかってます。 指で弾こう! ベース指弾きの正しい弾き方を知りたい。ついでに、うまく弾くコツも知りたいこのような悩みを解決します!ベースの指弾きって、どうやって弾くのが正しいのかってよくわからないですよね。私も趣味でベースを始めて12年経ちますが、いまでも... ベース教則『身体全体を使って弾く指弾き&スラップ・ベース』Shimataro[元D_Drive] Digest. ´ç¿’できない…」 ということが、よくありました。 初心者なら誰もが通る道、と言われればそうかもしれません。 ®ã—指、中指、小指で3フレット分となります。薬指は当分使わないので小指の補佐と思っていてください。 ベースで指弾きするとカチカチと音がする。どうにかしたい。こんな悩みをお持ちではないですか?アンプを通すと聞こえるカチカチ音、気に鳴りますよね。私もベースを始めたばかりの頃はカチカチ鳴って、どうにかならないものかと悩んでいました。 うならコレ!【絶対おすすめの1台】, ベースを弾くなら、爪はいつでも短く切っておく. ´ç¿’方法などを解説いたします!初心者の人にこそすすめたい!ベースの指弾きについて詳しく解説をしていきます。 ョンで、ワザと「弾き手」が相手に見えないようにしつつ、指弾き並のアタックでピック弾きして、ここで(普通は指で)キメ!というところで、わざとそういう奴にピックで弾いてる手を見せて唖然とさせるのはおもろいです。 ベースでメトロノームを使ったリズム練習のやり方を知りたい!リズム感を身につけてベースが上手くなりたい!楽しくリズム練習がしたい!本記事は、こんな悩みを持つ人向けの記事です。ベースはリズムが命の楽器。ミスをしたり、うまくリズムに... 本記事では、ベースを始めて間もない超初心者さんでも簡単に弾ける練習曲を紹介しています!ベースを始めたからには、何か1曲通して弾けるようになりたいですよね?でも、初心者向けと言われる曲はどれも難しいものばかり・・そんなことはないです!ぜひ本記事にて『初めて1曲弾けるようになった』を探してみてください!, ベースが上手い人ってどんな人なんだろうって、ふと気になったりしませんか?ベースが上手い人・下手な人の特徴を知っておくのは、自分のベース技術上達の為にも大切です。本記事では『ベースが上手い人・下手な人』の特徴について考察し、上手くなる為の改善案をまとめています。ベースが上手くなりたい人、必読です!. ´ç¿’しているけど、指が速く動かないからテンポが速い曲だと指が追い付かない…どうやったら指が速く動くようになるの?ベースを弾いている人で、このような悩みを持っている人は多いのではないでしょうか。本記事では、ベースの指弾き( バンド内の縁の下の力持ち的な存在であるベース。 見た目はギターを大きくしたような感じなので、同じように弾くんだろうと思っている方も多いのでは無いかと思います。 実はベースとギターは同じような形をしていますが、基本となる弾き方はかなり違います。 ベーシストに音楽理論の知識は必要なの? ±ãã¦ã€ã‚µã‚¦ãƒ³ãƒ‰ãŒå¤‰ã‚ã‚‹ã ã‘じゃなく弾き心地やミュートにも影響します。 ベースの指弾きで知りたい《3つのコツ》まとめ . ´ç¿’同様に毎日やりましょう。 関連ページ:ベースを指で弾くかピックで弾� ギターやベースを弾いていると指や手首が痛い ; 痛くないのに指が思うように動かない; 弾こうとすると指が握ってしまう。 一度こうなってしまうと楽しんで弾く事さえ出来ず、私生活にも影響が出る場合もあります。 わたくしもギターを弾く時に薬指がカクカクしものすごく弾きにくく、小� q ベースを指弾きする際に困ったことが… いつもお世話になってます。 普段はピックでベースを弾いているのですが、コピーの曲を演奏する際に原曲が指弾きで演奏されている為、見よう見まねで指弾きで演奏しています。 ¨ï¼šæŒ‡å¼¾ããŒã‚ªã‚¹ã‚¹ãƒ¡ã§ã™ã‚ˆ ベースを始めるときにまず悩むのは、 「指弾き」か「ピック弾き」 か ではないでしょうか? どちらもできるようになるのが理想ですが、まずはオール・ジャンルに対応できる「指弾き」から始めてみましょう。 こんな疑問を持っている人は多いんじゃないでしょうか?音楽に関わっている以上、音楽理論の知識を身につけることは大切です。しかし、世のバンドマンの全員が音楽理論の知識を完璧に身につけているかと... この記事では、ベースでのスライド&グリッサンド(グリス)のやり方と、うまく弾くコツについて解説していきます。スライドとグリッサンドは、どちらも「あるフレットから弦を押さえたまま指を滑らせて、違う高さの音にする奏法」です。両者は似ていますが... ベースの耳コピができない!って悩んでいませんか?耳コピは難しいですが、練習すれば誰でもできるようになります。本記事では、ベースの耳コピのやり方やコツについて解説しています。筆者もはじめの頃は耳コピができなくて悩んでいましたが、今ではそこそこ耳コピできるようになりました。参考にしていただけると幸いです。, あなたが今安定して弾ける速さよりちょっと速いくらい(ちょっと苦しいと感じる速度)で弾いてみましょう。, 限界よりちょっと速いくらいの速度で弾くと、指を速く動かすための効果的な練習になります。.