= (1983) “Method for Manufacturing Carbon Fibers by a Vapor Phase Process,” Japanese Patent 1982-58, 966. カーボンナノチューブ(cnt)は、炭素原子 が平面状に六員環の網目構造をとったグラ フェンシートを円筒状にした構造をとる。 cntには、一つの層からなる単層カーボンナ ノチューブ(swcnt)やそれが何重にも重なっ た構造をとる多層カーボンナノチューブ 長尺になると少量でも導電性や熱伝導性を発揮し、強度も高くなる[1]。, カーボンナノチューブ (CNT) の直径は、0.4~50ナノメートル。その名の通りナノメートル単位であるため電子顕微鏡によって観察できる極小の世界である。, カーボンナノチューブは、基本的には一様な平面のグラファイト(グラフェンシート)を丸めて円筒状にしたような構造をしており、閉口状態の場合、両端はフラーレンの半球のような構造で閉じられており5員環を必ず6個ずつ持つ。5員環の数が少ないため有機溶媒等には溶けにくい。7員環が含まれる場合には内径が大きくなり得るため太さの違うCNTが形成され、8員環では枝分かれ状の構造も作り出せると考えられている。チューブは筒のような構造のためキャップを焼き切るなどにより中に様々な物質を取りこむ事ができる[2]。ナノチューブとフラーレンが結合したカーボンナノバッド[注 4]という形も理論的には予測されている[3]。, 最も基本的な単層カーボンナノチューブの表面はグラフェンシートの表面図のようになっており、そのグラフェンシートの幾何学的構造の違いによって3種類のカーボンナノチューブが成立するとされる。グラフェンの六角形の向きはチューブの軸に対して任意の方向にとれるため、このような任意の螺旋構造の対称性を軸性カイラルといい、グラフェン上のある6員環の基準点からの2次元格子ベクトルの事をカイラルベクトルと呼ぶ。カイラルベクトルは以下のように表される。, C τ 安全性については、産総研のフェローで環境リスク学を専門とする中西準子さんが、『カーボンナノチューブが、1m 3 当たり0.03mg以下の濃度であれば、人体に影響はない』ということを早い段階から示してくれたことが非常に大きかった。 o 世界一長尺なカーボンナノチューブフォレストの成長に成功 ~14cmを実現する新規成長方法の開発~ 発表のポイント カーボンナノチューブ(CNT)は優れた物性を持ち、様々な分野での応用が期待されているが、長尺に成長させることが難しく、実用化を妨げる要因となっている。 このため将来的に、多くの用途においてカーボンナノチューブを置き換える可能性がある」と述べている。 さらに同氏は、「グラフェンは、数多 {\displaystyle {\tau }_{o}} {\displaystyle d={\frac {a}{\pi }}{\sqrt {(n^{2}+nm+m^{2})}}}, 以上のように、立体構造の全てはカイラル指数によって左右される。3種類のそれぞれの構造体には名称があり、ナノチューブの軸に直角な場合をアームチェアチューブ (n,n)、軸に並行な場合をジグザグチューブ (n,0)、それ以外のナノチューブはカイラルチューブと呼ぶ。, また、SWNTではカイラル指数によって金属型と半導体型のナノチューブに分かれ、n-mが3の倍数では金属型であり、3の倍数でない時は半導体の特性を示す[4][5]。, カーボンナノチューブ及びカーボンナノファイバーに対する最初の観察と研究は、1952年のソビエト連邦までさかのぼる。この時点で既に2人のロシア人科学者によってカーボンナノチューブと思われるTEM写真と文献が書かれていた[28]。しかし、当時は冷戦中という事もあり、その詳細が西側諸国に紹介されることはなく研究は置き去りにされる。, それから20年もの歳月が過ぎた1976年のフランスで、日本の遠藤守信(当時信州大学工学部助手、フランス国立科学研究センター(CNRS)客員研究員。現・信州大学先鋭領域融合研究群カーボン科学研究所特別特任教授)は、後のカーボンナノチューブの存在とその成長モデルを世界に初めて示した[29]。しかし、遠藤の関心はその後、構造の追求よりも成果の実用化に移る。1982年、その生成を連続的に行う量産方法として触媒化学気相成長法を考案し、1987年に特許化する[30]。この方法は、1988年に米国化学会のCHEMTECに発表された[31]。しかし、上述したとおり、この時点では現在のカーボンナノチューブとしての詳細な構造は解明されておらず、構造の解明と決定は1991年の飯島による再発見まで待たねばならない。, 一方、米国では、1979年にペンシルベニア州立大学の会議においてジョン・エイブラハムソンによりアーク放電によって低圧の窒素雰囲気中に生成されたカーボン繊維の特殊性について述べており(文献発表は1999年)[32]、1981年にはソビエト連邦の研究者らによって、カーボンナノチューブの表面に当たるグラフェンシートの幾何学構造についての考察文献が発表されている[33]。1987年にはハワード・G・テネットによってカーボンナノファイバーの直径が3.5nmから70nmの間とされる事やその応用性について述べられた[34]。, 1991年、日本の飯島澄男(当時NEC筑波研究所研究員。現・名城大学終身教授、NEC特別主席研究員)によって、フラーレンを作っている途中にアーク放電した炭素電極の陰極側の堆積物中から初めてTEM(透過電子顕微鏡)によって発見された[35]。この発見には幸運だけではなく、高度な電子顕微鏡技術も大きな役割を果たしていた。また、電子顕微鏡で観察・発見したというだけでなく、電子線回折像からナノチューブ構造を正確に解明した点に大きな功績が認められている。このときのCNTは多層CNT (MWNT) であった。, 2018年、大陽日酸と東邦化成は世界で初めてフッ素樹脂に導電性を付与を実現し、商品化した[36]。大陽日酸の長尺カーボンナノチューブとフッ素樹脂の成形加工を用いて、ポリクロロトリフルオロエチレンに機能付与した。高機能フッ素樹脂として半導体製造装置関連や薬液供給関連といった分野への適用が見込まれる。, 触媒金属のナノ粒子とメタン (CH4) やアセチレン (C2H2) などの炭化水素を500~1,000℃で熱分解してCNTを得る。大規模生産向けの手法。, 通常のアルコールCVD法やSG-CVD法は基盤を用いる。これに対し、DIPS法は、触媒(その前駆体を含む)及び反応促進剤を含む含炭素原料をスプレー等で霧状にして高温の加熱炉に導入することによって単層カーボンナノチューブを流動する気相中で合成する。DIPS法はCVD法の一種であり、気相流動法とも呼ばれる。DIPS法はスケールアップが容易であることと、連続的運転が可能であることが特徴である。AISTと日機装[39]が新しく改良したDIPS法ではSWNTの直径を0.1nm単位で精密に制御でき、従来に比べ触媒利用効率3,900%、量産性100倍、紡糸や製膜化を可能とする。SWNTの純度は97.5%程度である[40]。, 産業技術総合研究所ナノカーボン研究センターにおいて、畠賢治、飯島澄男らによりスーパーグロースCVD法[43]が発表された[44]。CVD法の一種である本法は通常の気相合成雰囲気中に極微量の水分を添加する事により触媒の活性及び寿命が大幅に改善され、高効率、高純度な単層カーボンナノチューブを得ることができる。この合成法による成長速度は以下の数式によって表される。, βは成長定数で207 μm/分、 ( この回答へのお礼. + 多層カーボンナノチューブ(mwcnt)の 生体影響について 小縣昭夫、 坂本義光、福森信隆、斎藤育江、栗田雅行、 大橋則雄、矢口久美子、中江 大 東京都健康安全研究センター 環境保健部. , 背景 ナノ材料は、フラーレン様化合物(炭素原子が球状に集合した形状)、カーボンナノチューブ、金属・金属化合物超微粒子等、特異な物理的性状を有する新しい機能材料として近年技術開発が進められ … n M.Endo:Grow carbonfibers in the vapor phase,CHEMTEC,18,no.9,pp.568-576(1988), Izvestiya Akademii Nauk SSSR, Metals. [mixi]カーボンナノチューブ カーボンナノチューブの人体への影響って? ウィキペディアによると ・日本トキシコロジー学会が発行する『ジャーナル・オブ・トキシコロジカル・サイエンス』(2008年2月号)において、がん抑制遺伝子欠損マウスによる実験で発癌性がある可能性が報告されて 多層カーボンナノチューブ(mwcnt)と名前は似ていますが、これら2種類のナノチューブは異なる物性を持ち、材料に与える影響も違います。グラフェン(単層の炭素原子)がグラファイト(複層の炭素)と異なるのと同じ事です。 カーボンナノチューブのみでトランジスタや配線を構成した“全カーボン集積回路”を世界で初めて実現しました。1,000 cm 2 /Vsを超える移動度が得られ、高性能で透明なフレキシブルデバイスへの応用が期待 … 多層カーボンナノチューブ(mwcnt)と名前は似ていますが、これら2種類のナノチューブは異なる物性を持ち、材料に与える影響も違います。グラフェン(単層の炭素原子)がグラファイト(複層の炭素)と異なるのと同じ事です。 品化も進んでいる.しかしながら,例えばカーボンナノ チューブのようにナノ材料は人類が創出した新材料であ り,その人体に及ぼす影響については未知である.こう したナノ材料の安全性とリスクの評価と管理についての カーボンファイバーやカーボンナノチューブなどの粉塵とすると 繊維状の粉塵ですので 単なるカーボンの粉塵よりも、より肺へのダメージが大きいと想像できます . ) Koyama, T. and Endo, M.T. 独立行政法人 国立環境研究所は,ナノ粒子が人体に与える影響に関しての研究に着手する。直径50nm以下のTiO2や炭素系などのナノ粒子が人体に与える影響を研究するとともに,2005年3月竣工を目指して同研究所敷地内に6階建ての「ナノ粒子健康影響実験棟(仮称)」 を建設する。 カーボンナノチューブ を ... ^ “カーボンナノチューブ:発がん性 人に影響 未確定 一部製品注意喚起”. Koyama, T. and Endo, M.T. 超高純度のカーボンナノチューブがどのような影響を及ぼすのかはわからない。 だが幸いな事に超高純度のカーボンナノチューブを作成出来る研究者はいない。 逆に言えばこの分野の研究者は20数年間まともにカーボンナノチューブを取り扱えられていない。 カーボンナノチューブは、発がん物質のアスベストと形状が似ていると指摘されているため、アスベストの二の舞にならないよう製造、使用に関しての人体への影響を事前に調べているようだ。 ナイス! bnm***** bnm***** さん. 許容濃度 : データなし。(2012年3月末時点でカーボンナノチューブに関 する許容濃度の規定は無い。) (参考情報) (1)許容濃度等の勧告(日本産業衛生学会2008年度) Ⅱ.各種粉塵表中、第1種粉塵(黒鉛粉塵)の許容濃度 吸入性粉塵 0.5mg/m3 総粉塵 2mg/m3 ナノテクノロジーを支える材料の一つとして、全世界で注目を集めつづけているカーボンナノチューブ。この材料を世界で初めて発見したnec特別主席研究員の飯島 澄男は、現在も精力的に研究活動を続けています。最新の研究活動とこれからの展望について、話を聞きました。 ここのグラフは、カーボンナノチューブではクロシドライトより低い濃度で細胞が死んでしまうことを示しています。これはカーボンナノチューブがクロシドライトより細胞障害性が高いことを意味しています。(taap,249:8-15) 文献「カーボンナノチューブfetの動作に及ぼすゲート絶縁膜界面電荷の影響」の詳細情報です。j-global 科学技術総合リンクセンターは研究者、文献、特許などの情報をつなぐことで、異分野の知や意外な発見などを支援する新しいサービスです。またjst内外の良質なコンテンツへ案内いたします。 現在カーボンcfrpの加工を行っているのですが,カーボンの粉は人体に有害と聞きました.ですが検索してみてもなかなかカーボンの有毒性について載っているサイトが見つかりません.カーボンcfrpの粉は本当に有毒なのでしょうか?取り扱い {\displaystyle C_{h}=na_{1}+ma_{2}=(n,m)}, このベクトルを指数化した(n,m)をカイラル指数と呼び、チューブの直径や螺旋角はカイラル指数によって決まる。チューブの直径dは以下になる。, d (カーボンナノチューブ(cnt)の分散はこちら) うまく分散できた液でも成膜する際の乾燥工程の影響を受け、凝集を引き起こすことがあります。 膜中でcntが凝集すると、膜の外観や物性(導電性など)に悪影響 … 新素材・ 特性を活かすカーボンナノチューブ の分散技術 ... しかし,このナノ粒子溶液は人体に必ずしも悪影響を与えないとは限らない。それ故,廃液処理の問題が将来的に発生することが予測できるが,現在の法律では規制がなされていない。 レンやカーボンナノチューブなどの新しい炭素系素材を はじめ、化粧品や日用品に使われている銀ナノ粒子や 酸化チタンナノ粒子など、様々な物質が含まれます。 これまでも、様々な粒子状物質の生体影響 … No.14055 2006-01-07 10:56:54 み … 回答をシェアする. No.14055 2006-01-07 10:56:54 み … 出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/31 14:35 UTC 版), カーボンナノチューブのページの著作権Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。, ビジネス|業界用語|コンピュータ|電車|自動車・バイク|船|工学|建築・不動産|学問文化|生活|ヘルスケア|趣味|スポーツ|生物|食品|人名|方言|辞書・百科事典, О Структуре Углерода, Образующегося При Термическом Разложении Окиси Углерода На Железном Контакте. m 通報する. 強磁性金属内包カーボンナノチューブの 磁気特性制御と繊維状集合体形成 平成26年度 三重大学大学院 工学研究科 博士前期課程電気電子工学専攻 量子エレクトロニクス研究室 久保中伸雄 三前大学大学院 工 … ) 2人がナイス!しています. M.Endo:Grow carbonfibers in the vapor phase,CHEMTEC,18,no.9,pp.568-576(1988), Izvestiya Akademii Nauk SSSR, Metals. 2 n カーボンナノチューブ ( 英: carbon nanotube 、略称CNT ) は、炭素によって作られる六員環ネットワーク(グラフェンシート)が単層あるいは多層の同軸管状になった物質。 炭素の同素体で、フラーレンの一種に分類されることもある。. nedoプロジェクトにおいて、技術研究組合単層cnt融合新材料研究開発機構(tasc)と産業技術総合研究所は、カーボンナノチューブ(cnt)などのナノ炭素材料を取り扱う事業者や試験機関の自主安全管理を支援するために「ナノ炭素材料の安全性試験総合手順書」を完成し、本日公表しました。 (1983) “Method for Manufacturing Carbon Fibers by a Vapor Phase Process,” Japanese Patent 1982-58, 966. 化学専攻の中村教授・磯部助教授らの研究グループと医学部附属病院の野入英世講師、および科学技術振興機構(JST)・日本電気株式会社(NEC)の飯島澄男教授、湯田坂雅子博士の共同研究チームは、水に溶けるナノカーボンの標準物質をつくり出し、金属を含まないナノカーボンには強い毒性はないことを明らかにした。 カーボンナノチューブ(注2)をはじめとするナノカーボンは、次世代の材料として期待される一方で、環境や生体への悪影響が懸念されていた。しかし、これまでナノカーボンが毒 … 産業技術総合研究所 (2013年10月29日). 環境Q&A; カーボンナノチューブの安全性; カーボンナノチューブの安全性 登録日: 2006年01月07日 最終回答日:2006年01月12日 健康・化学物質 その他(健康・化学物質). a 共感・感謝の気持ちを伝えよう! ありがとう0 (OK- … (2015年7月20日). 1 a h 毎日新聞. カーボンの粉塵は吸い込むと有害ですか?仕事で粉塵まみれです(;_;) カーボンじゃなくてもすべての粉塵は吸い込むと有害です。pm2.5の話とか日常的に聞いてるでしょ?仕事ではきちんとマスクをしてく … n カーボンナノチューブ(英: carbon nanotube、略称CNT)は、炭素によって作られる六員環ネットワーク(グラフェンシート)が単層あるいは多層の同軸管状になった物質。炭素の同素体で、フラーレンの一種に分類されることもある。, 単層のものをシングルウォールナノチューブ (SWNT)[注 1]、多層のものをマルチウォールナノチューブ (MWNT)[注 2] という。特に二層のものはダブルウォールナノチューブ (DWNT)[注 3] とも呼ばれる。, カーボンナノチューブはその細さ、軽さ、柔軟性から、次世代の炭素素材、ナノマテリアルといわれ、様々な用途開発が行われている。非常に高い導電性、熱伝導性・耐熱性を持つことを特性としている。 【課題】カーボンナノチューブについて危惧される人体への影響を回避できる技術に用いるグラフェンシートを提供する。 【解決手段】人体への取り込みが抑制できる大きなサイズのカーボンチューブ形成用等のグラフェンシート10を提供する。 カーボン・ナノチューブが人体に悪影響(肺浮腫の疑い)という新聞記事を見かけました。 記事の趣旨は、人体が吸い込んだりすることのないよう、管理を徹底させるべく注意喚起をするというようなものでしたが、 人体にさえ影響がなければそれでいいんでしょうか? 1982, #3, p.12-17 [in Russian], https://www.nikkei.com/paper/article/?n_cid=kobetsu&ng=DGKKZO29646050Q8A420C1X93000, http://tfy.tkk.fi/nanomat/PDF%20publications/Nanobud%20mechanism%20CPL%202007.pdf, http://www.jsap.or.jp/ap/2007/10/ob761112.xml, From Highly Efficient Impurity-Free CNT Synthesis to DWNT forests, CNTsolids and Super-Capacitors, http://carbon.phys.msu.ru/publications/1952-radushkevich-lukyanovich.pdf, “Filamentous growth of carbon through benzene decomposition”, http://chemport.cas.org/cgi-bin/sdcgi?APP=ftslink&action=reflink&origin=npg&version=1.0&coi=1:CAS:528:DyaE28XhsFyisr8%3D&pissn=0028-0836&pyear=1991&md5=c21cdc6cec8fddd2c9da2e0137391318, Tennett, Howard G. 1987-05-05 "Carbon fibrils, method for producing same and compositions containing same" US.4663230, https://www.tn-sanso.co.jp/jp/_documents/news_36520223.pdf, カーボンナノチューブ等に関する安全対策について(提案要求)平成20年2月22日19福保健健第1470号, http://www.technobahn.com/news/2008/200805221823.html, http://mainichi.jp/shimen/news/20150720ddm001040148000c.html, カーボンナノチューブの自主安全管理のための「安全性試験手順書」と「作業環境計測手引き」, “A polyaromatic molecular tube that binds long hydrocarbons with high selectivity”, http://www.nature.com/ncomms/2014/141017/ncomms6179/full/ncomms6179.html, All text is available under the terms of the, 日本トキシコロジー学会が発行する『ジャーナル・オブ・トキシコロジカル・サイエンス』(2008年2月号)において、がん抑制遺伝子欠損マウスによる実験で, カーボンナノチューブを粉体にして樹脂等に混ぜ導電性等の特性向上を行った樹脂製品が廃棄され、その樹脂が焼却処理された際、樹脂は燃えるがカーボンナノチューブの粉体は燃えにくい為、発がん性物質として大気中に飛散し健康被害を及ぼすことが懸念されている, 2013年時点で、日本では取扱に関する法規制はないが、取り扱い者の健康を保全するために、「安全性試験手順書」と「作業環境計測手引き」が, 炭素繊維の一種である、特定の多層カーボンナノチューブが「労働安全衛生法第28条第3項の規定に基づき厚生労働大臣が定める化学物質による健康障害を防止するための指針」(いわゆる「がん原性指針」)の対象物質に追加された。厚生労働省 基発0331第26号, 炭素繊維の一種である、特定の多層カーボンナノチューブに関して、2009年3月31日,厚生労働省労働基準局長より、改訂版の通達「ナノマテリアルに対するばく露防止等のための予防的対応について」(基発331013号)が出された。. 2013/12/30 18:12. = カーボンナノチューブ(CNT)市場の シナリオとサイズ、ステータス、予測を含む簡単な分析2020-2025 「 カーボンナノチューブ(CNT)市場 」 というタイトルのグローバル調査レポートが、Reports NMarketsから最近発行されました。 これは、ビジネスのガイドラインを提供するのに役立ちま … ( ナノ材料の代表といえるカーボンナノチューブ(CNT) の安全性評価は、日米欧政府規制当局の関心が高く優先項 目でもある。その研究の先駆けはフラーレンの水棲生物に 対する危険性を指摘したOberdorstarの報告1)である。そ カーボンナノチューブの一部の構造は有害性が指摘されていますが 質問者様のはゴルフクラブか自転車フレームあたりに使用されている 炭素繊維CFRPかと思います CFRPは触っても舐めても吸っても無害です. m + 2015年7月28日 閲覧。 ^ “カーボンナノチューブの自主安全管理のための「安全性試験手順書」と「作業環境計測手引き」”. 炭素繊維(カーボン)の人体における危険性についての質問です。日頃より使っている、とある道具がカーボンでできています。ところが、先日、破損してしまい、コーティングが破れてさらに削れ、素材があらわになってしまいました。破損面 ナノ材料の健康影響については初期から注目されており,例 えば多層カーボンナノチューブ(mwcnt)はアスベスト様の有害性(中皮腫)を示すことが知られている2)。ナノ材料の カーボンナノチューブはアスベストと構造が似ているためにその安全性が疑問視されている。その疑問に対して最近カーボンナノチューブの長さを短くすることによって、その毒性をなくすことが出来るという報告がされた。 引用:Science News 対訳:筆者 + m 2 樹脂やゴム、インクや塗料など、通常は熱や電気を伝導しない素材への応用が見込まれる。 カーボンナノチューブ透明導電体として、 covid-19の影響分析と臨床展望2026による市場2020 グローバルな「カーボンナノチューブ透明導電体として、市場」レポートは、定義、分類、アプリケーション、業界チェーン構造を含む業界の基本的な概要を提供します。 その他(病気・怪我・身体の不調) - 炭素繊維(カーボン)の人体における危険性についての質問です。 日頃より使っている、とある道具がカーボンでできています。 ところが、先日、破損してし … = カーボンナノチューブの一部の構造は有害性が指摘されていますが 質問者様のはゴルフクラブか自転車フレームあたりに使用されている 炭素繊維cfrpかと思います cfrpは触っても舐めても吸っても無害です 0; 件; 通報する. 強磁性金属内包カーボンナノチューブの 磁気特性制御と繊維状集合体形成 平成26年度 三重大学大学院 工学研究科 博士前期課程電気電子工学専攻 量子エレクトロニクス研究室 久保中伸雄 三前大学大学院 工 … a 環境Q&A; カーボンナノチューブの安全性; カーボンナノチューブの安全性 登録日: 2006年01月07日 最終回答日:2006年01月12日 健康・化学物質 その他(健康・化学物質). カーボンナノチューブは最も重要なナノ物質のひとつであり、その製造と産業用途は急速に成長している。長くて 硬いカーボンナノチューブはアスベストと同様な有害影響を持つと言われてきた。 m 2 多層カーボンナノチューブ(mwcnt)による 中皮腫の誘発 坂本義光 1, 福森信隆,前川昭彦2,3, 今井 清4,西村哲治5, 広瀬明彦6,中江 大1,2, 小縣昭夫1 1東京都健康安全研究センター環境保健部 2東京農業大学 3独立行政法人製品評価技術基盤機構化学物質管理センター n π 1982, #3, p.12-17 [in Russian], https://www.nikkei.com/paper/article/?n_cid=kobetsu&ng=DGKKZO29646050Q8A420C1X93000, http://tfy.tkk.fi/nanomat/PDF%20publications/Nanobud%20mechanism%20CPL%202007.pdf, http://www.jsap.or.jp/ap/2007/10/ob761112.xml, From Highly Efficient Impurity-Free CNT Synthesis to DWNT forests, CNTsolids and Super-Capacitors, http://carbon.phys.msu.ru/publications/1952-radushkevich-lukyanovich.pdf, “Filamentous growth of carbon through benzene decomposition”, http://chemport.cas.org/cgi-bin/sdcgi?APP=ftslink&action=reflink&origin=npg&version=1.0&coi=1:CAS:528:DyaE28XhsFyisr8%3D&pissn=0028-0836&pyear=1991&md5=c21cdc6cec8fddd2c9da2e0137391318, Tennett, Howard G. 1987-05-05 "Carbon fibrils, method for producing same and compositions containing same" US.4663230, https://www.tn-sanso.co.jp/jp/_documents/news_36520223.pdf, カーボンナノチューブ等に関する安全対策について(提案要求)平成20年2月22日19福保健健第1470号, http://www.technobahn.com/news/2008/200805221823.html, http://mainichi.jp/shimen/news/20150720ddm001040148000c.html, カーボンナノチューブの自主安全管理のための「安全性試験手順書」と「作業環境計測手引き」, “A polyaromatic molecular tube that binds long hydrocarbons with high selectivity”, http://www.nature.com/ncomms/2014/141017/ncomms6179/full/ncomms6179.html, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=カーボンナノチューブ&oldid=80675025, 銅の1,000倍以上の高電流密度耐性、銅の10倍の高熱伝導特性、高機械強度、細長い、などの特性がCNTの電子材料としての特長であり, 半導体としてのCNTをトランジスタのチャンネルとして用いることで、高速スイッチング素子として用いられることが期待される。CNTは, 単層カーボンナノチューブは著しい比表面積を持ち、表面に極微量のガスが吸着するだけで物性が大きく変化する。これにより高感度のガスセンサー等への応用が期待される, スーパーグロースCVD法を用いて二層カーボンナノチューブをディスプレイ用の電極基板上に直接成長させることによって均一な電子放出特性を示す。これによりFEDの一種である, シリコンゴムのような性質で、極環境下でも粘弾性を持つCNTが発見されている。この物体は、-196 ℃から1000 ℃の温度範囲で粘弾性を示し、-140~600 ℃で、0.1~100ヘルツの振動数範囲では、周波数に依存しない安定した粘弾性を示す。さらに100ヘルツで1%のねじり歪みを100万回加えた後も、劣化や破断がない, 各種薬品への耐性が高いことも特徴の一つだが、これは溶解させるのが困難ということでもあり、研究においては妨げとなっていた。しかし近年では分散剤として、, 金属触媒を含む炭素電極をアーク放電で蒸発させると、SWNTが得られる。金属はNiやCo、Y、Feなどである。, この方法において、正負電極に微振動を連続して加えるフィジカルバイブレーション法がある。これにより、ナノチューブの純度および単位時間当たりの生成量を飛躍的に高めることが可能である, 高純度なSWNTが得られるが、大量合成には向かない。触媒の種類と炉の温度を変えることで直径を制御できる。, CVD法の一種で流動床反応炉を用いたCO不均化反応によってSWNTを作製する。1nm以下の直径をメインとした、直径分布の非常に狭い単層カーボンナノチューブを得ることができる。触媒にCoとMoを用いており、その比率によってカイラリティを制御して合成することが可能。スケールアップの可能な点も特徴のひとつ, 日本トキシコロジー学会が発行する『ジャーナル・オブ・トキシコロジカル・サイエンス』(2008年2月号)において、がん抑制遺伝子欠損マウスによる実験で, カーボンナノチューブを粉体にして樹脂等に混ぜ導電性等の特性向上を行った樹脂製品が廃棄され、その樹脂が焼却処理された際、樹脂は燃えるがカーボンナノチューブの粉体は燃えにくい為、発がん性物質として大気中に飛散し健康被害を及ぼすことが懸念されている, 2013年時点で、日本では取扱に関する法規制はないが、取り扱い者の健康を保全するために、「安全性試験手順書」と「作業環境計測手引き」が, 炭素繊維の一種である、特定の多層カーボンナノチューブが「労働安全衛生法第28条第3項の規定に基づき厚生労働大臣が定める化学物質による健康障害を防止するための指針」(いわゆる「がん原性指針」)の対象物質に追加された。厚生労働省 基発0331第26号, 炭素繊維の一種である、特定の多層カーボンナノチューブに関して、2009年3月31日,厚生労働省労働基準局長より、改訂版の通達「ナノマテリアルに対するばく露防止等のための予防的対応について」(基発331013号)が出された。. は触媒特性時間[45]。, その効率は、触媒効率ではレーザーアブレーション法に比べて100倍、時間効率では2004年の公開時の実験では厚さ2.5mmのSWNT薄膜を形成するのに要した時間はわずか10分であった。純度は99.98%以上[46]、表面積は閉口状態1,000m2/g、開口状態2,000m2/g、重量密度は薄膜で0.037g/cm3[13]、固体で0.55g/cm3と非常に高性能である[19][47]。これまではHiPco法で5~30%、通常のCVD法で3~15%の触媒金属やアモルファスカーボンなどの密度の高い不純物が含まれていた。そのため標準的な試料のSWNTの密度は1.4 g/cm3程度であったが、この製造方法では高密度固体の形状でも非常に軽い。また触媒操作する事でSWNT膜だけでなくDWNT膜やMWNT膜の形成も可能である。ナノチューブの直径によりその含有率は変わり、SWNTとほぼ同程度の純度の薄膜を形成できる[16]。, 純度等の問題も併せて量産が難しかったカーボンナノチューブの大量生産を実現する技術とされる。また、この技術を用いると、その配向性の高さから、花びらのような構造体を成長させることも可能である。この方法で合成されたカーボンナノチューブは、基板の上に貝割れ大根のように上向きに密集して成長する。この配向性を利用してカーボンナノチューブ黒体などがAISTにより製作されている。サンプルはAIST[48]によって提供されている。, カーボンナノチューブ以外にも、他の物質によって作られたナノチューブが多数発見されている。代表的な物質には、炭素と性質が似た元素であるケイ素 (Si) や、グラファイトと同様の層状構造を取るBN、BC2N、MS2(MはMo、W、Nbなどの金属)がある[55]。また、合成化学的にカーボンナノチューブに類似した分子性のナノチューブを合成した例もある[56]。, О Структуре Углерода, Образующегося При Термическом Разложении Окиси Углерода На Железном Контакте.