しかし人口増加に経済成長が伴わないため、環境問題や飢餓、貧困など様々な問題を生み出しています。 人口増加の原因 アフリカでは事故や病気で亡くなる数も多いのですが、それを上回る速度で生まれる数が多いので、結果的に人口が増え続けています。 現在、日本での障がい者人口は、年々増加傾向がみられます。 令和元年度の内閣府による調査では、身体障がい者は約436万人、知的障がい者は約108万2千人、そして精神障がい者は約419万3千人といわれ … 見出し、記事、写真の無断転載を禁じます Copyright (C) The Yomiuri Shimbun. サブサハラ・アフリカが成長する源泉の一つは、何と言っても人口の増加である。国連の人口推移予測(中位推計)では2014年のサブサハラ・アフリカの人口は約9.2億人であり、2033年に中国、2035年にインドを上回り、2050年には20億人を超えると予測されている。 アフリカの人口は2000年には 8億2千万人であったが、2025年には14億人近くまで 増加すると予測され、世界人口80億人のうちの17%を 占めることになると予測されている。一方、アフリカの 人口を年齢層別構成で見ると2006年時点で14歳以下の 人口爆発が叫ばれる時代、そんな認識が一般的に広がっています。 しかし、そんな認識に反するように、人口の増加に大きく寄与しているアジア地域では、日本と同様に出生率が低下していることはご存知でしょうか? 今回は、アジアの現状 […] 世界人口の増加予測が39億人ですから、人口増加分の8割超をアフリカが占めることになります。 ちなみに6地域のなかで唯一人口が減少しているのはヨーロッパ。2015年の7.4億人から2050年には7.1億人、2100年には6.5億人へと、着実に人口が減少していきます。 世界に例を見ない速度で人口増加が続くアフリカでは、多くの人が急成長する都市部に移住する一方で、その圧力に耐えられず数十年前の公共施� 世界人口推移予測 6地域中最も高い伸びを見せるアフリカの人口(中位推計) 出典:“World Population Prospects, the 2017 revision,” Population Division, Department of Economic and Social Affairs. アフリカの原住民の大半は黒人である。しかし、アフリカ北部の原住民は黒人だけとは限らない。アフリカ北部の住民には、古代や中世からアラブ系の人々やヨーロッパから移住した白人たちの子孫も多い。 「アフリカの原住民 → 黒人」(×)という先入観は、間違いである。 黒人が原住民の多くを占める地域は(アフリカ大陸の北部にある)サハラ砂漠(サハラさばく)より南の地域であり、このアフリカ南部の住民には今でも黒人が多く、「ブラックアフリカ」と言われる。 アフリカは、地域によっては … ①急激な人口増加による食料不足 アフリカ諸国は1960年代から急激に人口が増加したこ と、現在もひじょうに高い人口増加率であることを『世 界の諸地域NOW2011』(以下、資料集)p.210「①人口増 加率とおもな国の対応」(図2)から認識させる。第二次 United Nations. 魚介類は、世界の動物性たんぱく質供給量の16%を担う重要な食料資源です。世界の1人当たりの食用魚介類の消費量は過去半世紀で約2倍に増加しました(図1−1−1)。国際連合食糧農業機関(FAO)は、世界的な魚介類の消費量の増加の要因として、輸送技術等の発達により食品流通の国際化が進展し、都市人口の増加を背景に国際的なフードシステムとつながったスーパーマーケット等での食品購入が増えていること、また、この結果として経済発展の進む新興国や途上国では芋類等の伝統的主食からたんぱく質を多く含む肉、魚等を中心とした食事へと食生活の移行が進んでいることなどを挙げています。さらに、健康志向の高まりも魚介類の消費を後押ししているものとみられています。, 1人当たりの魚介類消費量の増加は世界的な傾向ですが、とりわけ、元来より魚食習慣の強いアジア地域では、生活水準の向上に伴って顕著な増加を示しています。特に、中国では過去半世紀に約8倍、インドネシアでは約3倍となるなど、新興国での伸びが目立ちます(図1−1−2)。, 一方、動物性たんぱく質の摂取が既に十分な水準にあるヨーロッパ及び北米地域では、その伸びは鈍化傾向にあります。我が国の1人当たりの魚介類消費量は、高水準ではあるものの、50年前と同水準まで減少してきており、世界の中では例外的な動きをみせています。, 1人当たりの魚介類消費量の増加と並行して、世界の人口も増え続けています。この結果、世界全体での魚介類消費量は、過去半世紀の間に約5倍となりました(図1−1−3)。, 世界人口は今後も増加し続け、2040年には90億人、2060年には100億人を突破すると予想されています(図1−1−4)。1人当たりの魚介類消費量が急激に伸びているアジア地域においては、今後40年間ほどにわたり人口増加が続くとみられています。また、最大の人口増加が予想されるアフリカ地域でも、経済成長に伴う動物性たんぱく質摂取量の増加が見込まれます。このため、今後も世界の水産物に対する需要の増大は続くものと考えられます。, 世界人口の約2割を占める中国では、経済成長に伴う食料消費の増加と食生活の変化が続いています。1人当たりの消費量でみると、伝統的な主食である穀類の消費量がピーク時から2割近く減少し、反対に、肉類の消費量が大きく伸びています(図)。こうした変化は、飼料としてのトウモロコシや大豆への中国の需要を大きく増加させ、ブラジルで生産される大豆の多くが中国に向かうなど、世界の食料供給にも大きな影響を与えています。魚介類についても中国の消費増大は顕著です。, 一方、中国では、いまだに、都市部と農村部の食生活に大きな違いがあるものとみられています。今後、経済発展が続けば、穀物に頼って生活する農村部にも食生活の変化が及び、魚介類の消費が更に増加することも予想されます。また、現在の中国の魚介類消費量の5割ほどは、手に入りやすい淡水魚ですが、都市部では、高級品である海水魚へと需要がシフトしていく可能性もあります。, 1人当たりの消費量の増加に加え、中国の人口は平成42(2030)年頃までは増加を続けるものと予測されていることも、今後しばらくの間の中国の魚介類消費量の増加につながると考えられます。, 既に、一部の魚種では、中国の流通業者が我が国の流通業者より高い価格で買い付けを行うケースも生じており、今後とも、中国の食料消費の動向を注視する必要があります。, 現代では様々な食料品が国際的に取引されており、多くの国において食料品の輸出入なくしては人々の生活は成り立ちません。中でも水産物は特に国際取引に仕向けられる割合の高い国際商材であり、世界の漁業・養殖業生産量の3割以上が輸出に仕向けられています。また、輸送費の低下と流通技術の向上、人件費の安い国への加工場の移転、貿易自由化の進展等を背景として、水産物貿易は、量・額ともに大幅に増加してきています(図1−1−5)。, 多くの国・地域が水産物の輸出入を行っていますが、このうち輸出量では欧州連合(EU)、中国、ノルウェー、ロシア等が、輸入量ではEU、中国、米国、日本等が上位を占めています。特に中国による水産物の輸出入量は大きく増加しており、2000年代半ば以降、単独の国としては世界最大の輸出国かつ輸入国となっています。ただし、輸出入金額では中国は世界最大の純輸出国であり、EU、日本、米国等が主な純輸入国・地域です(図1−1−6)。, 水産物の多くは、冷凍の状態で輸出入されていますが、生鮮や、缶詰等の加工品の輸出入量も、貿易量全体の増加に伴って増えています(図1−1−7)。また、漁獲国から第三国へ輸出され、カットや調理等の加工を経て、再び元の漁獲国や、あるいは更に別の国へ輸出されるといった加工貿易も、盛んに行われています。, PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。 アフリカの人口は2006年時点で約9億人で世界人口の14%を占めていましたが、人口増加率は世界一で、2050年には世界の20%を占めると予測され、将来巨大市場になることが想定されます。 しかし、世界銀行によると貧困層の半分以上がサブサハラ・アフリカに集中しています。 下図ではサブサハラ・アフリカ地域に貧困な場所が極端に偏っており、サブサハラ・アフリカ地域の5人に2人が、一日1.90ドル以下で暮らしていると推 … 国土は日本のおよそ2.5倍、人口は1.9億人、gdpは世界31位となっている。ちなみに国連の予測によると2020年以降人口増加率の上位10位はすべてアフリカ諸国で占められる。2050年にはナイジェリアの人口は世界第3位まで増加し、世界の黒人の7人にひとりはナイジェリア人となる。ちなみ … アフリカ最大の人口を誇るナイジェリア。 2018年で、195,875,237の人口に達したと、世界の人口数を計測している機関Worldometersでは発表されています。 2019年には2億を突破するのが目に見えています! とはいえここはアフリカ。正確な人口数を把握するのも一苦労で、人口増加を続けているナイジェリアではもっと人口がいてもおかしくありません。 年間約500万人の人口が増え続けています。 1960年から人口増加率が2%を常に超えているので驚異的なスピードで人口が増加していますね! … 高い人口増加率を維持する大きな理由となってい る。 途上地域の人口増加率の低下は各地域で例外な く起こっている。1950年-1960年代に年率2.5% 前後の増加を記録したアジア、ラテン・アメリカ (カリブ海を含む)の人口増加率はその後低下を続 アフリカ中部に位置するコンゴ民主共和国。人口は7,800万人に上り、その面積は西ヨーロッパに匹敵する。鉱物資源にも恵まれており、金、ダイヤモンド、銅のほかに、電化製品に欠かせないタンタル、スズ、タングステンなどを産出する。リチウムイオン電池に使 Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。, Copyright : Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries, 海外水産開発割当て及び需用者割当再配分による輸入割当ての輸入通関実績の報告方法の変更について, 第1章  特集  世界とつながる我が国の漁業 ~国際的な水産資源の持続的利用を考える~. 新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るう今年、国連人口基金(unfpa)などの国際機関が、アフリカなどの女の子たちへの「女性器切除(fgm)」が増加していると警鐘を鳴らしています。なぜ、fgmは増えているのでしょうか。国際ngo「プラン・イ アフリカの人口増加の最も顕著な影響は、地方から都市への移動だ。1950年、アフリカ大陸で都市部に居住していた人口は50万人未満だったが、2050年にはその数は13億人に膨れ上がると予測されている。 世界人口は今後も増加し続け、2040年には90億人、2060年には100億人を突破すると予想されています(図1−1−4)。1人当たりの魚介類消費量が急激に伸びているアジア地域においては、今後40年間ほどにわたり人口増加が続くとみられています。 イスラム教徒が増える理由として、イスラム教徒が住む地域の出生率が高いというのがあります。 イスラム教徒の信者数が多い国は、インドネシア(人口の約 87% )、パキスタン(同 96% )、バングラディシュ(同 90% )、インド(同 14% )、イラン(同 100% )、エジプト(同 95 %)などです。 魚介類は、世界の動物性たんぱく質供給量の16%を担う重要な食料資源です。世界の1人当たりの食用魚介類の消費量は過去半世紀で約2倍に増加しました(図1−1−1)。国際連合食糧農業機関(FAO)は、世界的な魚介類の消費量の増加の要因として、輸送技術等の発達により食品流通の国際化が進展し、都市人口の増加を背景に国際的なフードシステムとつながったスーパーマーケット等での食品購入が増えていること、また、この結果として経済発展の進む新興国や途上国では芋類等の伝統的主食からたん … そんな中、南アフリカは21世紀後半まで人口増加が続きます。 南アフリカの出生率はもちろん、経済発展を続ける南アフリカに出稼ぎに来るアフリカ諸国の移民も加えて、どんどん経済力をつけてきていま … 経済が拡大するには、人口の増加と労働生産性の上昇が重要です。アメリカの出生率は低下していますが、移民により長期的な人口増加が見込まれます。gafaによるit技術の進展とともに、アメリカ経済拡大の要因となるでしょう。 年平均人口増加率は1950-1955年に1.79%にはねあがり、そのまま上昇を 続けて1965-1970年にはおそらく人類史上最大の2.04%に達した。世界人口の増加率は、(世界 人口の5分の1を占める中国の人口増加率が低下したことにより)その後低下に転じたが、1987年 稚拙な質問で申し訳ありませんが、何故アジア、アフリカ諸国は人口が過剰になり、西洋諸国はそうはならなかったのでしょうか。参考になりそうな文献、書籍もご紹介いただければ幸甚に存じます。#2の方が指摘されている「地政学的要因」 世界人口の増加予測が39億人ですから、人口増加分の8割超をアフリカが占めることになります。 ちなみに6地域のなかで唯一人口が減少しているのはヨーロッパ。2015年の7.4億人から2050年には7.1億人、2100年には6.5億人へと、着実に人口が減少していきます。 United Nations. そもそもどこにあるかもわからない人がほとんどだと思う。 国土は日本のおよそ2.5倍、人口は1.9億人、gdpは世界31位となっている。ちなみに国連の予測によると2020年以降人口増加率の上位10位はすべてアフリカ諸国で占められる。 大なアフリカ大陸に位置し、人口12億4,453万人90、 名目gdpは2兆8,630億ドル91に上る広大な経済圏を 形成している。域内の所得水準をみると、国によりそ の水準は異なり、幅広い分布となっている(第1-2-5-1 図)。域内の人口増加率は高く、各国ともおおむね年 稚拙な質問で申し訳ありませんが、何故アジア、アフリカ諸国は人口が過剰になり、西洋諸国はそうはならなかったのでしょうか。参考になりそうな文献、書籍もご紹介いただければ幸甚に存じます。#2の方が指摘されている「地政学的要因」 アフリカの人口爆発は防げるか? / 結論から言えば、防ぐ方法は全くないとは言えないと思う。もしそれが防げないとなれば、この問題はこれからの世界の安定的な経済成長にも深刻な影響をもたらすだろうから、我々日本人もこの事を本気で考えるべきだ。 新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るう今年、国連人口基金(unfpa)などの国際機関が、アフリカなどの女の子たちへの「女性器切除(fgm)」が増加していると警鐘を鳴らしています。なぜ、fgmは増えているのでしょうか。国際ngo「プラン・イ アフリカの飢餓がなくならないのはなぜ? アフリカでの飢餓が引き起こる理由は多岐に渡ります。 教育を受けることができず育った子どもたちは仕事に就くことも困難です。また内戦やテロの勃発、蔓延する汚職問題など様々な要因が絡み合っています。 そんな中、南アフリカは21世紀後半まで人口増加が続きます。 南アフリカの出生率はもちろん、経済発展を続ける南アフリカに出稼ぎに来るアフリカ諸国の移民も加えて、どんどん経済力をつけてきていま … アフリカは2050年までに28の地域で人口が倍になり、これからの35年間で世界の半分以上の人口増加を担うだろうといわれています。 ナイジェリアは2050年には世界で3番目に人口が多い国になり、アメリカの人口を超える予想です。 10月11日は、若い女性の権利を広く国際社会に呼びかける「国際ガールズ・デー」です。新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るう今年、国連人口基金(UNFPA)などの国際機関が、アフリカなどの女の子たちへの「女性器切除(FGM)」が増加していると警鐘を鳴らしています。なぜ、FGMは増えているのでしょうか。国際NGO「プラン・インターナショナル」で、アフリカ支援に取り組む道山恵美さん(43)に話を聞きました。, コロナの影響によって、今後10年間で、本来であれば守れたはずの200万人の女の子たちが、FGMを受けることになる――。UNFPAは今年6月、「世界人口白書2020」で、こんな推計値を発表しました。, FGMとは、女性外性器の一部を切除する慣習のこと。国連の調査によると、アフリカを中心に約30か国でFGMが行われ、経験者は世界で2億人に上ります。施術には4種類あり、膣ちつを縫合する方法が最も体に負担がかかるといわれます。世界保健機関(WHO)によると、健康へのメリットは一つもありません。生理痛の悪化や不妊などを引き起こすほか、不衛生な環境で麻酔なしで行われることが多いため、感染症や出血多量で命を落とすケースも珍しくないといいます。, それでも施術が行われる理由として、道山さんは「人によって意見は異なりますが、『女の子が大人になるための儀式』『結婚の条件』として行われることが多い」と指摘します。「FGMをしないと、相手の両親が結婚を認めてくれない」と仕方なく施術をしたり、「していないことがバレたら、村八分にされてしまう」と心配した母親が娘に受けさせたり。多くは15歳くらいまでに施術され、大人になってもトラウマを抱える女性は少なくありません。, 根強く残るFGMをなくそうと、国際機関やNGOなどが支援を続けてきた結果、施術経験のある女の子の割合は、1980年代には2人に1人だったのに対し、現在は3人に1人にまで減りました。, ところが、なぜ今、FGMがまた増えているのでしょうか。道山さんは、コロナ禍で次の三つの要素が重なったからだと分析します。, (1)ロックダウン(都市封鎖)で休校になり、子どもたちが家で過ごす時間が長くなった(2)副業で女の子たちにFGMをする「施術師」が、コロナ禍で本業の収入が減り、施術で収入を得ようとしている(3)国際機関やNGOが、現地にまで足を運んで活動することができない状況が続いている, FGMの施術が最も多いソマリアでは、休校中の8歳と9歳の女の子がいる家に施術師が戸別訪問し、母親が姉妹にFGMを受けさせたケースがありました。姉妹は、施術後も自分の体に何が起きたのか理解できていないといいます。, 「FGMは回復に3週間以上かかるので、学校の長期休暇中に行われるのが目立ちます。収入が減った施術師の中には、長引く休校をチャンスと考え、戸別訪問をしてFGMを持ちかけるケースも出ています」と道山さんは話します。UNFPAが、ソマリアの地域住民や支援スタッフら約1000人に行った簡易調査でも、31%の人がコロナの影響でFGMが増えたと回答。考えられる原因としては、「休校」が39%と最も多く、次いで「施術師の収入」が28%でした。, ソマリアのほかにも、ケニアやエジプトなどからも、FGMが増えているという報告が上がっているといいます。, コロナ禍で現地での支援が難しい国際機関や民間団体は「FGMをめぐる状況が後戻りしてしまうのではないか」と危機感を抱いています。道山さんもその一人。これまでアフリカ各国をめぐって支援に取り組んできましたが、2月以降、日本国内を出ていません。各地に駐在していたスタッフも、緊急事態宣言を受けて帰国しました。, プラン・インターナショナルでは、10年以上前からエチオピアで「女性性器切除から女の子を守る」プロジェクトを行い、女の子たちの自立を促し、声を上げていくためのサポートや、地域の大人たちがFGMについて議論する場作りなどを進めてきました。7月からスーダンでも同プロジェクトを始める予定でしたが、現在どちらも主だった活動は中断しています。, 道山さんは、現地スタッフとやりとりしながら、参加人数と場所を変えて3密を避けて研修などを始められないか調整を続け、形を変えて活動を年内にスタートできる見通しとなりました。, 「エチオピアでは、女性が結婚後にFGMを求められ、『受けたくない』と声を上げると、周囲からは『だったら離婚しなさい』と言われたケースもありました。何度も話し、時間をかけて心に根付いた風習への意識を変えてきました」と道山さん。, 「プロジェクトが止まってFGMについて話す機会が減り、施術も増えてしまうことで、『やっぱりFGMは当たり前だ』『私にFGMの拒否権はない』などと、住民の意識が活動以前の状態に戻ってしまうのは、あまりにもったいない。できることは限られますが、細々とでも活動を続けて、話す機会を作っていくことが大切だと思います」と力を込めました。, 「国際ガールズ・デー」に合わせたプラン・インターナショナルのイベントの詳細はこちら. 人口爆発って? 「人口爆発」とは人口が急激に増えることです。 定義があるわけではないのですが、 100年で人口が2倍以上になれば十分に人口爆発です。 人類の歴史 300万年のうち、ほとんどは人口が安定していたと考えられます。 ”人口は力(ちから)”という言葉もありますが、多すぎる人口を どうやって食べさせるかという課題があります。 インドの人口が多い理由は? インドの人口が多い理由は ・社会的インフラが整って寿命が伸び、新生児の死亡率が減少した 沖縄は、日本で4番目に小さい県です。それに対して人口は全国で25位。人口密度は全国9位と、狭い島にたくさんの人がひしめき合っています。沖縄ならではの特殊な人口事情をまとめました。 ※関連記事:アフリカで人口が爆発している原因とは? アフリカで人口が増え続けるのは、 アフリカでは教育が不十分で避妊に関する知識が浸透していないこと。 労働力の確保のためにより多く生もうという考え方があること。 結果、アフリカ大陸において平和と安定が回復し始めた。また奴隷貿易廃止後は、人口が増加 し、アフリカの人々の移動も一定の落ち着きを見せた。19 世紀初頭では大量の人口移動が見ら れたが、1880 年ごろには定着化していった。 アフリカの人口爆発は防げるか? / 結論から言えば、防ぐ方法は全くないとは言えないと思う。もしそれが防げないとなれば、この問題はこれからの世界の安定的な経済成長にも深刻な影響をもたらすだろうから、我々日本人もこの事を本気で考えるべきだ。 野々市市(ののいちし)は石川県内では60年以上も人口増加中で若い家族世代に人気の移住先です。 2017年は「住みよさランキング」の総合評価で全国5位にランクインし、「利便度」は6年連続1位を維持するその理由に迫ってみました。 金沢より住みよい? 2010-2015年平均人口増加率 アフリカ:2.6%アジア:1.1%ヨーロッパ:0.1% 2010-2015年平均人口増加率 アフリカ:2.6%アジア:1.1%ヨーロッパ:0.1% 人口の増減に最も大きく影響するのが、出生率です。 出生率は一定人口に対する年間の出生数で測られる指標。そのなかでも、ニュースなどでよく取り上げられるのが、合計特殊出生率です。この指標は、一人の女性が生涯に何人の子供を持つか、を計測しています。計測方法として、一人の女性が出産可能である期間とされる15歳から49歳までに産む子供の数の平均を示しています。 合計特殊出生率を算出することで、異なる母 … アフリカは資源に富んだ国である一方、そこに住む人々の多くは貧困に喘いでいます。それはなぜなのか?考えられる原因や理由を7つ見ていきます。アフリカ大陸には、未だ根深い貧困に喘いでいる人々が驚くほど多く存在します。アフリカ諸国の多くは、世界中で 世界人口推移予測 6地域中最も高い伸びを見せるアフリカの人口(中位推計) 出典:“World Population Prospects, the 2017 revision,” Population Division, Department of Economic and Social Affairs. アフリカはこれまで、経済成長率が人口増加率を下回っていて、貧困に悩まされていました。ところがアジアの人口増加率の鈍化にともない、いまアフリカの労働力が安い賃金で買われているのです。こうして消費市場をどんどん拡大しています。 アフリカでは厳しい気候や長引く紛争、経済の低迷、景気の悪化といった要因が絡み合い、飢餓人口が増え続けています。1990年は1億8,210万人だった飢餓人口が、2014~2016年の平均推定では2億3,250万人に増加しました。 イスラム教徒が増える理由 ... イランを除けば、これらの国は今後も人口増加が見込まれている国です。 イスラム教というと中東などアラブ諸国というイメージがあるのですが、実は信者数はアジアの国の方が多くなっています。 キリスト教も欧州では減少しますが、ナイジェリアなどのアフ�