line@無料プラン(lineビジネスアカウント)にセグメント配信や既読・クリック判定といった、line公式ツールにはないメッセージテンプレートなどの拡張サービスなど機能を外部サービスを導入することによって簡単に追加する事が出来るできるようになりました。 地方公共団体専用lineツールlineaw説明会 詳細 >> 自治体向けline配信パッケージlineaw. line公式アカウントの機能を拡張、セグメント配信・顧客管理・販促の機能を追加できるツール 中小零細から大企業まで1000社以上の導入実績! api利用の配信ツールを使うことで、セグメントごとに分けたメールの送信が可能です。興味のありそうな人を対象とした配信ができるため、より集客性や効果の高いメッセージ配信が期待できるでしょう。 line@のセグメント配信を活用しよう。 line公式アカウント(旧:line@)の機能を拡張し、ステップシナリオ配信や、リマインダ配信、ユーザーごとにリストを絞り込んで配信できるセグメント機能などを追加。 メールよりも到達率が高く、リアルタイムにプッシュ通知がされるlineメッセージを送信できるようになります。 使える機能多数搭載! lineでのカート落ちや再入荷リクエストをはじめ、ブランドやカテゴリごとのセグメント配信を実現。新商品やコーディネートといった新着情報、商品やショップ案内といった、あなたのサイトの新着情報を登録から配信まで完全自動で配信可能です。 *このセグメント配信は、line公式アカウントの標準機能では実現できず、line公式アカウントのapiに対応したツールを活用する必要があります。 > lineのセグメント配信事例(熊本市様:市政情報配信) LINEで売れる仕組みを自動化するなら L Message(エルメ) ①質問、アンケートで顧客ニーズの把握 ②セグメント配信でコスト削減、成約率向上 ③ステップ配信でセールスを自動化. lineの通常機能だけでは、不十分な配信を補った仕組み 自治体向けline配信パッケージlineaw. LINE販促ツール【Poster】なら、 より正確なセグメント配信が可能 御社のサービスにマッチした友だちを絞り込み、 lineによる広告、クーポン、おすすめ情報などを性別、年齢、その他の顧客属性に応じたセグメント配信を行うことで、商品やサービスのプロモーションが盛んに行われています。 ※配信設定時に表示される推定配信数は概算値です。 実際に配信されたセグメント内容と人数は、配信履歴で確認可能です。 ※特に属性の指定をしない場合、属性が「不明」になっているユーザー含め全員に配信されます。 line純正のセグメントをより詳細にターゲット分けして配信 LINE公式アカウント自動化ツール. lineユーザーの様々な属性に最適化したメッセージを配信できるlineメッセージ配信ツール”kanameto”の正規代理店。マーケティングプロダクトに豊富な実績を持つ株式会社イー・エージェンシーが導入から活用までを徹底サポートします。 セグメント配信(lineユーザの属性に合わせたメッセージ配信)」と 「1:1トーク(1対1のチャットコミュニケーション)」を一元管理で使用できます。 複雑なシステム連携が不要のため、貴社のline公式アカウントがあれば、すぐに導入できます。