世帯年齢区分(6歳未満・12歳未満・15歳未満・18歳未満・20歳未満世帯員のいる世帯)、家族類型別一般世帯数-都道府県、市区町村別 1.1.3… 人口等基本集計(男女・年齢・配偶関係、世帯の構成、住居の状態など) 1.1.1. この推計による都道府県の合計世帯数は,2018(平成30)年1月に公表した『日本の世帯数の将来推計(全国推計) 』に合致します。 この推計の 報告書 が刊行されました(2019(令和元)年12月25日)。 平成・・年 千世帯 世 帯 数 人 平 均 世 帯 人 員 2.49 50,431 5.00 17,180 昭和・・年 結 果 の 概 要 Ⅰ 世帯数と世帯人員数の状況 1 世帯構造及び世帯類型の状況 平成26年6月5日現在における全国の世帯総数は5043万1千世帯となっている。 一般世帯数(1,000世帯) 一般世帯 人員 平均 世帯人員 年 次 総 数 単 独 核家族世帯 その他 総 数 夫婦のみ 夫婦と子 ひとり親と子 1995(平成 7) 1996(平成 8) 1997(平成 9) 1998(平成10) 1999(平成11) 2000(平成12) 2001(平成13) 2002(平成14) 2003(平成15) 2004(平成16) 2005(平成17) 令和2年11月1日現在の人口・世帯数です. 世帯数の動向を世帯主の年齢別(64歳以下、65歳以上)に分けてその動向を確認すると、1980~2015年の伸びに対する寄与が最も高いのは65歳以上の2人以上の世帯であり、次に15~64歳の単身世帯である。 世帯数 Ⅰ 世帯数と世帯人員数の状況 1 世帯構造及び世帯類型の状況 平成24年6月7日現在における全国の世帯総数(福島県を除く。)は4817万世帯となっ ている。 世帯構造別にみると「夫婦と未婚の子のみの世帯」が1466万8千世帯(全世帯の30.5%) 65歳以上の者のいる世帯についてみると、平成28(2016)年現在、世帯数は2416万5千世帯と、全世帯(4994万5千世帯)の48.4%を占めてい … 65歳以上の者のいる世帯について見ると、平成29(2017)年現在、世帯数は2,378万7千世帯と、全世帯(5,042万5千世帯)の47.2%を占めてい … (1)65歳以上の者のいる世帯は全世帯の約半分、「単独世帯」・「夫婦のみ世帯」が全体の過半数. 国勢調査人口,世帯数の推移 【宇都宮市】 各年10月1日現在 総 数 男 女 大正 9年 (1920) 17.990 13,058 63,771 31,580 32,191 - - 4.88 98.1 3,545 中能登町【人口・世帯数】令和2年11月1日現在 ... 更新日:2020年11月04日. 世帯数. 第1表:各回国勢調査による人口と世帯数の推移-茨城県-(pdf:57キロバイト) 第2表:県・地域・市町村別人口(pdf:426キロバイト) 年齢・配偶関係. 住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数調査: 提供分類1: 調査の結果: 2020年 2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年 2000年 1999年 1.1. 以下のデータを新たに提供しています。 提供データの詳細は、提供する統計表一覧のページをご覧ください。 国勢調査(平成27年) 1. 家族類型別世帯数(t 年) [日本の世帯数の将来推計(全国推計)(2018年推計)] 世帯主の男女・年齢5歳階級別 家族類型別世帯数(t 年) 推計結果(t 年) t = 2020, 2025, 2030, 2035, 2040 ※仮定値については本文参照 合計調整 2 3 世帯数 平成30年の世帯数は141万2983世帯で、1世帯当たり人員は1.93人となっている。 これを平成29年と比べると、2万83世帯(1.4%)の増加となっている。 1世帯当たり人員は減少傾向にあり、平成29年の1.95人からさらに減少し、平成30年では1.93 … (1)65歳以上の者のいる世帯は全世帯の約半分、「単独世帯」・「夫婦のみ世帯」が全体の過半数. 国民生活基礎調査は、全国の世帯及び世帯員を対象に、保健、医療、福祉、年金、所得等国民生活の基礎的事項を調査し、厚生労働行政の企画及び運営に必要な基礎資料を得ることを目的として、昭和61年を初年として3年ごとに大規模な調査を実施し、中間の各年は簡易な調査を実施しています。 世帯員に関する事項/氏名、男女の別、出生の年月、世帯主との続柄、配偶の関係、国籍、現在の住居における居住期間、5年前の住居の所在地、在学・卒業等教育の状況、就業状態/所属の事業所の名称及び事業の種類、仕事の種類、従業上の地位、従業地又は通学地、従業地又は通学地までの利用交通手段世帯に関する事項/世帯の種類、世帯員の数、住宅の種類、住宅の床面積、住宅の建て方 2015年10月1日時点での日本の人口は1億2,709万人と発表されました。前回調査した2010年に比べると、96万人減少しています。国勢調査で人口の減少がみられるのは、1920年の調査開始以来、初めてのことです。 性別の内訳は、男性6,184万人、女性6,525万人と、女性のほうが多い結果となりました。 また、年齢別でみると、15歳未満の人口割合が調査開始以来最低の12.6%(1,589万人)であるのに対し、65歳以上 … 資料1 住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数のポイント(令和2年1月1日現在) 資料2 住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数(令和2年1月1日現在) 平成・・年 千世帯 世 帯 数 人 平 均 世 帯 人 員 2.47 49,945 5.00 17,180 昭和・・年 結 果 の 概 要 Ⅰ 世帯数と世帯人員の状況 1 世帯構造及び世帯類型の状況 平成28年6月2日現在における全国の世帯総数(熊本県を除く。)は4994万5千世帯となっ ている。 世帯類型別にみた世帯業態(世帯主)別被保護世帯数: 8: 保護の開始・廃止世帯数の市部・郡部別年次推移: 9: 保護の開始世帯の世帯類型別被保護世帯数の年次推移: 10: 保護の開始世帯の扶助の受給区分別被保護世帯数の年次推移(~平成8年) 11: 保護の開始 … 国勢調査によると、日本の世帯数の推移は以下の通りである。 1985年(昭和60年) - 3798万(うち単独世帯789万5000) 1990年(平成2年) - 4067万(同939万) 1995年(平成7年) - 4390万(同1123万9000) 2000年(平成12年) - 4678万2000(同1291万1000) 人口 72万0,780人(男 36万1,060人 女 35万9,720人) 世帯 31万1,188世帯; 人口は前回(平成22年国勢調査)より0.5%、世帯数は2.8%の増加。 ↑ 世帯人数別世帯数比率 ↑ 世帯人数別世帯数比率(2001年以降) 1-3人までの世帯は1953年時点では3割にも満たなかった。それが1970年には50%を超え、直近の2019年データでは80.5%にまで伸びている。 一方、世帯数の推移については、とりあえず1960年から2015年(一部データは2035年)までの1年毎のデータができあがったので、誰かの参考になることを期待してデータを公表することにした。公表するデータは次の6つである。 世帯数(総数) 世帯人 … 家族類型、世帯人員別一般世帯数-都道府県、市区町村別 1.1.2. 世帯数 平均世帯人員 注:1) 平成7年の数値は、兵庫県を除いたものである。 2) 平成23年の数値は、岩手県、宮城県及び福島県を除いたものである。 3) 平成24年の数値は、福島県を除いたものである。)平成28年 の数値は、熊本県を除いたも である。 平成・・年 第3表:年次,年齢(3区分)別人口及び指数(大正9年~平成2年)-茨城県 … 国勢調査(平成27年) 第3次メッシュ別データ: 世帯の種類別世帯数-第3次メッシュ別: 第4次メッシュ別データ: 世帯の種類別世帯数-第4次メッシュ別: 第5次メッシュ別データ: 世帯の種類別世帯数-第5次メッシュ別 総人口・総世帯数. 帯あたり人員(人口/世帯数)のデータから、住区計及び各住区別に回帰式を求め、これにより平成6 7(2055)年までの1世帯あたり人員の推計値を算出した後、前掲の人口の推計値/1世帯あたり人員 の推計値によって将来時点の世帯数を推計した。 平成27年10月1日現在で実施された第20回国勢調査の相模原市の人口及び世帯数は次のとおりです。 人口・世帯数. (共働き世帯の増加) 昭和55年以降,夫婦共に雇用者の共働き世帯は年々増加し,平成9年以降は共働き世帯数が男性雇用者と無業の妻から成る世帯数を上回っている(i-3-4図)。 (性別役割分担意識の変化)