email. ュトー語: ملاله يوسفزۍ 、Malālah YÅ«safzay、1997å¹´ 7月12日 - )は、パキスタン出身の女性。 フェミニスト・人権運動家。 ユースフザイ やユサフザイとも表記される 。 2014å¹´ ノーベル平和賞受賞 。. 私たちは沈黙させられてから初めて声を上げることの大切さに気づきます. 本を取り、ペンを手に取りましょう。それが私たちの最も強力な武器です。 Let us pick up our books and our pens, they are the most powerful weapons. つまり自分こそは「ペン」の代弁者である、という認識だ。 その演説に応えるかたちで、あるタリバン幹部がマララ宛てに送った手紙がある。その中で彼はこう述べる。「昨日のスピーチであなたは『ペンは剣よりも尊い』と言った。 マララ・ユスフザイの英語の名言・座右の銘 英語の名言1. ョン界の生きる伝説、ケイト・モスの10の名言. マララ・ユスフザイの名言。マララ・ユスフザイの残した数々の名言を68個紹介しています。 One book, one pen, one child, and one teacher can change the world. 1人の子ども、1人の教師、1冊の本、そして1本のペン、それで世界を変えられます。 パキスタンの人権運動家、マララ・ユスフザイの名言です。 「change」は、「変化させる、交換する」という意味の動詞です。 . 史上最年少ノーベル平和賞受賞者したマララ・ユスフザイさんが心をこめてつづったすべての子どもたちへのメッセージ。 本を手に取って。一人の子供、一人の先生、一冊の本、一本のペンが世界を変えられる。マララ・ユスフザイ(ノーベル平和賞最年少受賞者)中日新聞2018年7月12日付(朝刊)マララ・ユスフザイの名言 マララ・ユスフザイの本の名言を紹介し、そこからの学びを考察しています。2014年にノーベル平和賞を史上最年少の17歳で受賞したパキスタンの少女、マララ・ユスフザイの著書「マララ教育のために立ち上がり世界を変えた少女」。 マララ・ユスフザイ名言まとめ. (1人の子ども、1人の教師、1冊の本、そして1本のペン、それで世界を変えられる。) 改めて、マララさんのスピーチを2013年のうちに聴くことができて本当に良かったです。彼女の取り組みには今後も注目していきたいと思います。 力な武器です。 Let us pick up our books and our pens, they are the most powerful weapons. 今回はその“名言”のほか、過去のノーベル平和賞受賞者の有名な言葉も紹介したい。 今月10日にノーベル平和賞を受賞したマララさん。 受賞時のスピーチも印象的でしたが、昨年7月に国連で披露した堂々たる英語スピーチは、本当に素晴らしいもので、多くの人の感動を呼びました。 翻訳 . 知っていると生き方が変わるno 15 マララ ユスフザイ名言 みつい 禮. They are our most powerful weapons. We realize the importance of our voices only when we are silenced. 英語の名言2. 1人の子供、1人の先生、1本のペン、そして1冊の本で世界を変えることができる。 ⇒ One child, one teacher, one pen, and one book can change the world. 17歳でノーベル平和賞を受賞したマララ ユスフザイ 彼女について. 2014年のノーベル平和賞を、マララユスフザイさんが受賞しましたね。去年、2013年の7月12日に行われた、マララユスフザイさんの国連演説スピーチについて、英語の全文を日本語対訳つきでまとめました。マララさんのスピーチはスピードもゆっくりめ マララ・ユスフザイの名言③. ペンは剣よりも強し、と心安だてに言うなかれ。「剣よりも強いペンとは何か」を問うことを忘れてしまってはならない。小泉信三の文章は読者にこのような緊張を与えてくれる。好著である。 続きを読む . 1人の子ども、1人の教師、1冊の本、そして1本のペン、 それで世界を変えられます。 マララ・ユサフザイ Malala Yousafzai. の武器なのです。 一人の子供、一人の教師、 そして一本のペンと本が、世界を変えるのです。 教育こそが、<暴力の克服という課題への>唯一の答えなので … マララ・ユスフザイ (Malala Yousafzai)は20歳にして、世界で最も活躍の目覚ましい有名人の1人だ。 彼女は5年前、女性が学校へ行くことを禁じるタリバンに従わなかったとして、出身地のパキスタンで銃撃された。その後、彼女はノ パキスタンの女性活動家、マララ・ユスフザイ。史上最年少となる17 役に立った. 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. マララ・ユスフザイの本の名言を紹介し、そこからの学びを考察しています。2014年にノーベル平和賞を史上最年少の17歳で受賞したパキスタンの少女、マララ・ユスフザイの著書「マララ教育のために立ち上がり世界を変えた少女」。 マララ・ユスフザイ氏の名言 【素敵女子 名言】 1人子供、1人の教師、1冊の本、1本のペン、それで世界は変えられます。 ーマララ・ユスフザイー#素敵女子 #素敵女子コンテスト #マララユスフザイ #名言 — NOZZE.素敵女子コンテスト (@nozze_suteki) November 18, 2016 2014年、史上最年少となる17歳でノーベル平和賞を受賞し世界の注目を集めました。イスラム過激派組織タリバンに弾圧されながら女性の人権と教育の大切さを命がけで世界にうったえた偉人です。, 今日はそんなマララ・ユスフザイの名言を紹介し、その言葉たちからの学びである「信念と行動の大切さ」について考察しました。, マララ・ユスフザイは1997年、パキスタンの北部の町、ミンゴラで生まれます。学ぶことが好きで読み書きを覚えるのが早かったマララですが、女性差別に似た規律が厳しいイスラム教の国で女の子がまともに学校に通えるのは稀なことでした。, そんな環境の中、マララの父親は地元で夢であった学校経営を始めます。女の子や貧しく学費が払えない子どもたちも積極的に受け入れいました。, そのためマララの家は裕福ではありませんでしたが、家族仲良く幸せな毎日をおくっていました。そしてマララが8歳になった頃には800人以上の生徒、校舎も3カ所に増えるまでに学校は大きくなります。, マララは学校がとにかく大好きでした。勉強も人一倍に熱心だった彼女は成績はいつもトップを争っていました。そして将来は医者になろうと夢みていました。, 生徒数が増えた学校ですが、過激なイスラム思想の人々から宗教違反だと女子校を閉鎖するように圧力をかけられることもありました。, この時力を持っていたのが、イスラム法強化運動の指導者、また武装組織タリバンの指導者となるマウラナ・ファズルッラーでした。, ファズルッラーは学校だけでなく、西洋文化である音楽や映画なども抑圧し、その運動は徐々に広がっていきました。そしてマララが住んでいたスワート渓谷の村々を支配下に置くようになりました。, 音楽などの娯楽的な商売は禁止され、市場は女性の立ち入りを禁じられました。そして自分たちに反対する者はムチ打ちや、ひどい時には公然で処刑を行い、その活動は過激さを増していきました。, その後パキスタン政府軍とファズルッラー率いるタリバン勢力との間で内戦状態に突入します。しかしマララの住む地域は変わらずタリバンに支配され続けます。2008年には一年間で200以上の学校が爆破され、女子が学校で教育を受ける事が禁止されました。, そんな現状を社会に伝えようとマララは地元の新聞やテレビを使い積極的に発信を試みます。そしてイギリスのBBCで匿名の日記を書くことを志願し、タリバンの破壊活動を訴えました。マララはメディアを通して少しずつ注目を集めていきました。, そして2012年、そんな活動を続けるマララにタリバンは殺害予告を出します。その後、学校帰りのスクールバスでマララと、一緒に乗っていた友人2人がタリバンの戦闘員に撃たれる事件がおきました。, 全員命は助かりますが、マララが受けた銃弾は彼女の頭蓋骨をかすめ、脳が炎症を起こしていました。このままパキスタンにいても命が助からないと診断されたマララは飛行機でイギリスに渡り、治療を受けることになりました。, 一命を取りとめたマララは翌年に国連でスピーチを行い、平和に生きる権利、教育を受ける権利を訴えました。そして次の年の2014年には史上最年少17歳でのノーベル平和賞を受賞します。, 2019年には国際女性会議のために日本にも初来日し、講演活動を行いました。マララは現在も女性の教育のために戦い続けています。, 悪いことがあれば、かならずいいこともある、というのがわたしの信念。悪い人がひとりいれば、神さまはかならずいい人をひとりつかわしてくださる。, 勉強の先になにがあるのかは、わからなかった。ただ、平和に学校にいきたいだけだった。, まわりでみんなが泣いているあいだに、だまって心に決めた。この国の平和と民主主義のために戦う道をわたしも歩く。, わたしがまだ生きているのには、理由がある。それは、わたしの人生を、人々の力になるよう役立てること。, 大切なわたしの友だち。みんな、心の広い子ばかりだった。ただただ、わたしのために力になろうとしてくれた。わたしにできたことは、みんなのうちのだれにだって、できたはず。ただ、わたしが幸運だったのは、だれもが恐怖を感じているなかでも、応援してくれる両親がいたこと。, マララ・ユスフザイの初めての手記であり、大きな文字とふりがな付きなので児童でも読めるような本です。訳者をしている道傳愛子さんの翻訳も、とても素敵な文章になっています。, 2020年現在、まだマララ・ユスフザイは22歳です。今は世界一位の大学に選ばれたイギリスの名門オックスフォード大学で哲学、政治、経済などを学んでいます。, 今回紹介した彼女の経歴全てが10代の時に起きたものでした。その意志の強さと行動力に、ただただ脱帽させられるばかりです。, 彼女がここまで世界を変えるような行動を起こせたのは、不条理に対する強い正義感、また何よりみんなが勉強できる事、当たり前の平穏な日常を心から願ったからでした。, マララはただただ学ぶことが大好きで、それを愛していたのです。そんな純粋な気持ちは彼女の「勉強の先になにがあるのかは、わからなかった。ただ、平和に学校にいきたいだけだった。」という言葉からも感じることができます。, 今回のマララ・ユスフザイの名言で心に残ったのが「ひとりの子ども、ひとりの教師、一本のペン、一冊の本が、世界を変えるのです。」という言葉でした。, しかしパイロットやスポーツ選手、ケーキ屋さん・・・などなど、昔をさかのぼれば誰しも子どもの頃には、やりたいことや夢を持っていたんじゃないでしょうか。, だけど成長し、自分の才能や与えられた環境、知識を得たことで突きつけられる現実。それを見ていく過程で知らず知らず夢を諦めていく。そんな人も多いのではないかと感じます。, しかしそれらのことはマララの歩んできた人生を見ると全て乗り越えられたかもしれない壁だと通感させられます。日本よりも貧しい国で、大人と比べたら知識も経験も足りない少女が、世界を動かしました。, 死を恐れず自分の思いを叫び続けたことでした。誰にでもできることのようで、誰にでもできないこと。, 「一本のペンが世界を変える」とマララが語るように、ほんの小さな行動、そしてそれを信じることができれば大きな道に繋がっていくのだと、彼女の言葉に触れて感じさせられました。, 命をかけて女性の人権と教育の大切さを世界にうったえた、マララ・ユスフザイの名言からそれを学びました。, Now-- 日本でフリーデザイナーとして活動中。英語だけでなく「言葉」について発信しています。, English-- 28歳から英語勉強スタート。フィリピンに短期英語留学、ワーホリでデンマークに滞在し、その流れで北欧、東欧を中心に20ヶ国ほどバックパックで旅をする。英語勉強し始めてから感じたこと。勉強のために使ったツールとか、紹介していきます。まだまだ勉強中。, 【夢・希望の名言】夢を諦めなかった偉人の名言から学ぶ、最後まで希望を捨てない生き方. 2013(平成25)年、国際連合はマララの誕生日の7月12日を、「マララの日」とし、同日、ニューヨーク国連本部でマララは演説し、最初に紹介した「1本のペンで世界を変えられる」と訴えました。 ペンと本はテロリズムに打ち勝つ武器です。:マララ・ユスフザイの残した名言。 ... 何千もの書物を読み、私は知識で力をつけます。ペンと本はテロリズムに打ち勝つ武器です。 マララ・ユスフザイ. 2014å¹´10月11日 kohata Filed Under: 名言・格言. パキスタンのフェミニス … . 回復後、マララさんは活動を再び始めました。 「私の体は撃てても、私の夢は撃てない」 と。 2013å¹´7月12日の16歳の誕生日にマララさんはニューヨークの国連本部でスピーチを行いました。 One book, one pen, one child, and one teacher can change the world. 覚えておこう。1冊の本、1本のペン、1人の子供、そして1人の教師が世界を変えることができる。 ⇒ Let us remember. 次の名言 >> マララ・ユサフザイの名言 Malala Yousafzai. パキスタンの人権運動家、マララ・ユスフザイの名言 … 英語の名言2. 2013(平成25)年、国際連合はマララの誕生日の7月12日を、「マララの日」とし、同日、ニューヨーク国連本部でマララは演説し、最初に紹介した「1本のペンで世界を変えられる」と訴えました。 パキスタンのフェミニスト・人権運動家 1997〜 << 前の名言. パキスタンの人権運動家、マララ・ユスフザイの名言です。 私たちは沈黙させられてから初めて声を上げることの大切さに気づきます. 翻訳. マララさんが国連で演説「ペンと本で世界は変わる」 2013年7月13日 15:21 発信地:ニューヨーク/米国 [ 北米 米国 ] このニュースをシェア One child, … 翻訳 【名言・格言】 マララ・ユスフザイ(人権運動家)【生き方のヒント】 パキスタン出身のフェミニスト・人権運動家。 パキスタン政府主催の講演会にも出席し、 マララ・ユサフザイの名言 Malala Yousafzai 1人の子ども、1人の教師、1冊の本、そして1本のペン、 それで世界を変えられます。 . 1人の子供、1人の先生、1本のペン、そして1冊の本で世界を変えることができる。 ⇒ One child, one teacher, one pen, and one book can change the world. 1. ®åˆ¥é‹å‹•ã®ãƒªãƒ¼ãƒ€ãƒ¼ã§ã‚り続けました。支 … Facebook. 翻訳. パキスタンの人権運動家、マララ・ユスフザイの名言です。 Twitter. マララ・ユスフザイの名言集とスピーチ(演説・日本語字幕付き) アリス … マララ・ユスフザイ(英語: Malala Yousafzai 、パシュトー語: ملاله يوسفزۍ 、Malālah Yūsafzay、1997年 7月12日 - )は、パキスタン出身の女性。 フェミニスト・人権運動家。 ユースフザイ やユサフザイとも表記される 。 2014年 ノーベル平和賞受賞 。. 1人の人間が違いを生 … 『わたしはマララ』/12月11日(金)公開 公式サイト:http://malala.jp/ 20世紀フォックス映画配給 (C)2015 Twentieth Century Fox. そう、マララ・ユスフザイは、知っていたのです。 今回のマララ・ユスフザイの名言で心に残ったのが「 ひとりの子ども、ひとりの教師、一本のペン、一冊の本が、世界を変えるのです 。」という言葉でした。 「やりたいことが見つからない」現代社会でよく耳にするような言葉です。 ★今日の名言★ ===== 本とペン。それこそが最強の武器なのです。 一人の子供、一人の教師、 そして一本のペンと本が、世界を変えるのです。 教育こそが、<暴力の克服という課題への>唯一の答えなのです。 <マララ・ユサフザイ> Books and pens. 覚えておこう。1冊の本、1本のペン、1人の子供、そして1人の教師が世界を変えることができる。 ⇒ Let us remember. マララ・ユスフザイのその他の名言. マララさんは、2014年のノーベル平和賞を受賞された、本名マララ・ユスフザイさんというパキスタン人女性です。 女性が教育を受ける権利を訴えていたマララさんは、2012年、15歳のときにスクールバスで下校中に武装集団による銃撃にあい重傷を負ったのですが 今回のマララ・ユスフザイの名言で心に残ったのが「 ひとりの子ども、ひとりの教師、一本のペン、一冊の本が、世界を変えるのです 。」という言葉でした。 「やりたいことが見つからない」現代社会でよく耳にするような言葉です。 この名言の元となったのは、平和活動家のマララ・ユスフザイさん。 学ぶ機会を奪われている子どもたちや女性のために、 教育と平和を世界中に訴えつづけています。 マララさん タリバーン支配を偽名で発信 ブログ終了間際に本名公表 ノーベル平和賞に決まったマララさん。 2009å¹´1月、タリバーン支配下の地域からブログで厳しい生活の様子を、決死の覚悟で発信しま … し」ということわざがあります。これは真実です。:マララ・ユスフザイの残した名言。 マララさん タリバン銃撃乗り越え国連演説全文「1人の子ども、1人の教師、1冊の本、1本のペンでも世界を変えられる」 マララ・ユスフザイ名言まとめ. い意思を物語る言葉を見ていきましょう。マララ・ユスフザイ(Malala Yousafzai)は、1997å¹´7月12日にパキスタンのカイバル・パクトゥ One child, one teacher, one book, one pen can change the world. We realize the importance of our voices only when we are silenced. . ~「ひとりの こども、 ひとりの せんせい、いっさつの ほん、 いっぽんの ペン、それらで せかいを かえることは できるのです」~ 私が自分の物語を伝えるのは、もっと多くの人に知ってもらいたいと思うからです。私の人生には、銃で撃たれるなど、たくさんの辛い出来事が起こりました� 私たちはすべての政府に、テロリズムと暴力に立ち向かうことを求めます。残虐行為や危害から子どもたちを守ることを求めます。, 教育は教育です。私たちはあらゆることを学び、そのうえでどんな道を歩むのか選択するべきなのです。教育には東洋も西洋もありません。それがヒューマンです。, 過激派は本とペンを恐れます。教育の力は彼らをおびえさせます。彼らは女性が怖いのです。女性の声の力が彼らをおびえさせるのです。, 何千もの書物を読み、私は知識で力をつけます。ペンと本はテロリズムに打ち勝つ武器です。, テロリストたちは私の目的を変えさせ、大志を阻止しようと考えました。しかし私の人生で変わったところはこれだけです:弱さ、恐怖、絶望が死に、そして強さ、力、勇気が生まれました。, 肌の色、言語、信仰する宗教は問題ではありません。互いに人間として尊重し、尊敬し合うべきです。私たちは子供の権利、女性の権利、あらゆる人権のために闘うべきです。, つぎのことを決して忘れないでください。マララ・デーは私一人のためにある日ではありません。今日は、自分の権利のために声を上げる、すべての女性たち、すべての少年少女たちのためにある日なのです。, 私はこれまでと変わらず「マララ」のままです。そして、私の志もまったく変わりません。私の希望も、夢もまったく変わっていないのです。, 私たちは暗闇のなかにいると、光の大切さに気づきます。私たちは沈黙させられると、声を上げることの大切さに気づきます。同じように、私たちがパキスタン北部のスワートにいて、銃を目にしたとき、ペンと本の大切さに気づきました。, 彼らは、神はちっぽけで取るに足りない、保守的な存在で、ただ学校に行っているというだけで女の子たちを地獄に送っているのだと考えています。テロリストたちは、イスラムの名を悪用し、パシュトゥン人社会を自分たちの個人的な利益のために悪用しています。, パキスタンは平和を愛する民主的な国です。パシュトゥン人は自分たちの娘や息子に教育を与えたいと思っています。イスラムは平和、慈悲、兄弟愛の宗教です。すべての子どもに教育を与えることは義務であり責任である、と言っています。, そこで今日、私たちは世界のリーダーたちに、平和と繁栄のために重点政策を変更してほしいと呼びかけます。世界のリーダーたちに、すべての和平協定が女性と子どもの権利を守るものでなければならないと呼びかけます。女性の尊厳と権利に反する政策は受け入れられるものではありません。, 私たちは先進諸国に、発展途上国の女の子たちが教育を受ける機会を拡大するための支援を求めます。, 私たちは世界中の女性たちに、勇敢になることを求めます。自分の中に込められた力をしっかりと手に入れ、そして自分たちの最大限の可能性を発揮してほしいのです。, 年末年始、世界各地は祝いに包まれるが、すべての子どもがよい将来を築けるよう声を上げる時期でもあるべきだ。, 銃撃されたのは大変な経験でしたけど、お医者さんも驚くくらい早く回復しています。ここバーミンガムでは、とても良い学校で勉強でき本当に幸せです。学べて本も読めるのですから。, たとえタリバンが学校の扉を閉ざしても、学びたいという私たちの心までは閉ざせないと思っていました。, 私の「責任」だと考えています。以前は教育のために発言することは、私の「権利」だと思っていましたが、今は「やるべきこと」だと考えています。応援してくれる人々の気持ちを思うと、「1人じゃない」と希望が湧いてくるんです。, 無学や貧困やテロとの闘いを世界中で行いましょう。本とペンを手に取りましよう。それらは私たちの最も強力な武器です。1人の子供、1人の教師、1冊の本、1本のペンが世界を変え得るのです。教育こそが唯一の解決策です。, 私は声を上げます。声高に叫ぶためではありません。「声なき人たち」の声を届けるためです。, 母はいつも私にこう言いました、「顔を隠しなさい。みんなが見てるから」私はこう言い返します、「関係ないわ。私だってみんなを見ているから」。, もし一人の男がすべてを破壊できるのであれば、ひとりの少女がそれを変えられない理由はありますか?, タリバンに復讐したいとは思いません。私はタリバンの息子や娘たちに教育を受けさせてあげたいのです。, 私は自分にこう言い聞かせました、「マララ、あなたはすでに死に直面しました。これはあなたの第二の人生です。恐れてはなりません。臆病になれば、前に進むことができなくなってしまいます」。, 私はこんなシーンを頻繁に、そして鮮明に想像します。もし彼らが私を殺しにやってきたとしても、私は彼らの行いが間違っていると告げるでしょう。教育は私たちの根本的な権利だと。, タリバンは私の額の左側を撃ちました。私の友達も撃たれました。彼らは銃弾で私たちを沈黙させようと考えたのでしょう。でも彼らは失敗しました。その沈黙から、幾千もの声が生まれたのです。, 私の人生は常に危険にさらされていると思います。その状況を恐れる人もいれば、前に進めない人もいるでしょう。しかし目標を達成するためには進むしかありません。動かなければなりません…。私たちはパキスタンのスワートで残忍な状況を目撃してきました。いまさら恐れることはありません。, 私たちは学校が大好きでした。しかしタリバンに邪魔されるまで、教育の大切さに気づくことができませんでした。学校に通って、本を読み、宿題をすることは、ただの時間つぶしではありません。それは私たちの未来だったのです。, 「今日の夢」が「明日の現実」になると信じています。私たちの夢を「明日の現実」へと変えましょう。, 私たちの学校にいた少年に、あるジャーナリストがこんなことを尋ねていたのを覚えています。「なぜタリバンは教育に反対しているの?」。彼は自分の本を指さしながら、とてもシンプルに答えました。「タリバンはこの本の中に書かれていることがわからないからだよ」。, 私には二つの選択肢しかありませんでした。一つは、声を上げずに殺されること。もう一つは、声を上げて殺されること。, 自分を撃ったタリバン兵士さえも憎んではいません。私が銃を手にして、彼が私の前に立っていたとしても、私は彼を撃たないでしょう。, まずはじめに、我々すべてを平等に扱ってくれる神に感謝します。そして、私の早い回復と新たな人生を祈ってくれたすべての人たちに感謝します。, 国連事務総長パン・ギムン氏のと国連世界教育特使ゴードン・ブラウン氏と国連総会議長ブク・ジェレミック氏の活動を、私は全面的に支持します。みなさんのたゆまないリーダーシップに感謝します。みなさんはいつも、私たち全員が行動を起こすきっかけを与えてくれます。, 何百人もの人権活動家、そしてソーシャルワーカーたちがいます。彼らは人権について訴えるだけではなく、教育、平和、そして平等という目標を達成するために闘っています。, 何千もの人々がテロリストに命を奪われ、何百万もの人たちが傷つけられています。私もその1人です。, 私は誰にも抗議していません。タリバンや他のテロリストグループへの個人的な復讐心から、ここでスピーチをしているわけでもありません。ここで話している目的は、すべての子どもたちに教育が与えられる権利をはっきりと主張することにあります。, だから彼らにいるポリオの研究者たちを殺害したのです。だから彼らは、毎日学校を破壊するのです。なぜなら、彼らは、私たちが自分たちの社会にもたらそうとした自由を、そして平等を恐れていたからです。そして彼らは、今もそれを恐れているからです。, インドでは、純真で恵まれない子どもたちが児童労働の犠牲者となっています。ナイジェリアでは多くの学校が破壊されています。アフガニスタンでは人々が過激派の妨害に長年苦しめられています。幼い少女は家で労働をさせられ、低年齢での結婚を強要されます。貧困、無学、不正、人種差別、そして基本的権利の剥奪――これらが、男女共に直面している主な問題なのです。, なぜなら私たちは、教育という目標のために一つになり、連帯できるからです。そしてこの目標を達成するために、知識という武器を持って力を持ちましょう。そして連帯し、一つになって自分たちを守りましょう。, ただ教育するだけでなく教育の質が大事だ。何を教えるかが大事だと思う。すべての人に役割がある。政治家や大企業だけでなく、自分自身や親、メディアにも役割があると思う。, 友だちに会えなくて寂しいです。イギリスで同級生が口にするジョークは、私にはそう思えなかったり、また私のジョークが通じないこともあり、とても難しいです。パキスタンでは、誰が一番良い成績を取るか、いつも競い合っていたので、よく勉強し楽しかったです。イギリスでも学校で一番になりたいです。, 私自身は本当に恵まれてると思うんです。父は私に自由や、弟たちと対等な権利を与えてくれました。でも近所には、対等な権利なんて与えられない女の子がたくさんいて、学校に通うことも許されていませんでした。, 毎晩、人が殺されるような社会で暮らすのは本当につらかったです。テロや過激派の支配など21世紀なのにこんな野蛮なことが起きるのかと思っていました。, 奪われて初めていかに重要なものであるかを思い知らされました。学校に行くということは、知識を得るだけでなく、自分の未来を切り開くことだと思います。だから、もう学校に行けないと言われたときは、まるで石器時代に引き戻されたかのようでした。, 誰が耳を傾けてくれるのか、全く分かりませんでした。私自身も、女性が声を上げることの重要性に気付いていませんでした。政府や軍が行動を起こして初めて女性の声がこんなにも力を持っていたのかと気付かされたんです。, 私は今、こう考えています。女の子が学校に行くべきでないのは、長年の文化で決められているからと言う人がいるけれど、その文化を創ったのは私たち自身であり、変える権利も私たちにあるのだと思います。, 私は声を上げます。といっても、声高に叫ぶ私の声を届けるためではありません。声が聞こえてこない「声なき人々」のためにです。それは、自分たちの権利のために闘っている人たちのことです。平和に生活する権利、尊厳を持って扱われる権利、均等な機会の権利、そして教育を受ける権利です。, 教育には平和が欠かせません。世界の多くの場所では、特にパキスタンとアフガニスタンでは、テロリズム、戦争、紛争のせいで子どもたちは学校に行けません。私たちは本当にこういった戦争にうんざりしています。女性と子どもは、世界の多くの場所で、さまざまな形で、被害を受けています。, 私たちはすべての地域社会に、寛容であることを求めます。カースト、教義、宗派、皮膚の色、宗教、信条に基づいた偏見をなくすためです。女性の自由と平等を守れば、その地域は繁栄するはずです。私たち女性の半数が抑えつけられていたら、成し遂げることはできないでしょう。, 私たちはすべての子どもたちの明るい未来のために、学校と教育を求めます。私たちは、「平和」と「すべての人に教育を」という目的地に到達するための旅を続けます。誰にも私たちを止めることはできません。私たちは、自分たちの権利のために声を上げ、私たちの声を通じて変化をもたらします。自分たちの言葉の力を、強さを信じましょう。私たちの言葉は世界を変えられるのです。, 私たちは今もなお何百万人もの人たちが貧困、不当な扱い、そして無学に苦しめられていることを忘れてはいけません。何百万人もの子どもたちが学校に行っていないことを忘れてはいけません。少女たち、少年たちが明るい、平和な未来を待ち望んでいることを忘れてはいけません。, もし明日から学校に行かず、ずっと家にいなさい、唯一の仕事は、料理や皿洗いをし結婚して子どもを産み、子どもたちの世話をすることだけ。それが、たった1つの生き方だと言われたら、そんな日々を想像できますか?だから私はふるさと・スワートではこんなことが起きている、私たちの存在を無視しないでほしいと世界に訴えることにしたのです。, これは、私が預言者モハメッド、キリスト、ブッダから学んだ慈悲の心です。これは、マーティン・ルーサー・キング、ネルソン・マンデラ、そしてムハンマド・アリー・ジンナーから受け継がれた変革という財産なのです。これは、私がガンディー、バシャ・カーン、そしてマザー・テレサから学んだ非暴力という哲学なのです。そして、これは私の父と母から学んだ「許しの心」です。まさに、私の魂が私に訴えてきます。「穏やかでいなさい、すべての人を愛しなさい」と。, 本日、私は女性の権利と女の子の教育という点に絞ってお話します。なぜなら、彼らがいちばん苦しめられているからです。かつては、女性の社会活動家たちが、女性の権利の為に立ち上がってほしいと男の人たちに求めていました。しかし今、私たちはそれを自分たちで行うのです。男の人たちに、女性の権利のために活動するのを止めてくれ、と言っているわけではありません。女性が自立し、自分たちの力で闘うことに絞ってお話をしたいのです。, 私は、みなさんが私に示してくれた愛の大きさに驚くばかりです。世界中から、温かい言葉に満ちた手紙と贈り物をもらいました。それらすべてに感謝します。純真な言葉で私を励ましてくれた子どもたちに感謝します。祈りで私を力づけてくれた大人たちに感謝します。私の傷を癒し、私に力を取り戻す手助けをしてくれたパキスタン、イギリス、アラブ首長国連邦の病院の看護師、医師、そして職員の方々に感謝します。, あるとき、オレンジを売る小さな少女に会いました。その子は手に紙を持っていて、何かを書こうとしていたんです。「勉強は好き?」と尋ねると「大好き」と答えました。話を聞いてみると、学校には行きたいけれど、家族のためにお金を稼がなければいけないと言うんです。まだ、とても小さな女の子でした。そのとき、私は思いました。この子はオレンジを売るのではなく、学校に行ってオレンジがどうやってできるのか、自然や生物について学ぶべきではないかと。, すべての子どもたちが学校に通っている姿を見ていたいです。それが私の望むことです。多くの学校を建て、この目で見てみたいのです。学校に行くというのは、単に教室で本を読むことではなく、学ぶことを通じて、新しい世界と出会うことだと思います。大切なのは、友達と机や、いすを並べることで、みんな平等なのだと学ぶことなのです。黒人でも白人でも、イスラム教徒でもヒンズー教徒でも、お金持ちでも貧しくても、そんなことは重要ではなく、私たちは平等なのだと教えてくれるのです。私は、それを実現するためにも政治家になりたいんです。. . マララ・ユサフザイ Malala Yousafzai. One child, one teacher, one book, one pen can change the world. マララ・ユスフザイの英語の名言・座右の銘 英語の名言1. 2014 ... 「1人の子ども、1人の教師、1本のペン、そして1冊の本、それが世界を変えられます。教育こそがただひとつの解決策なのです。