ディープ・パープルというバンドは何度となくメンバーチェンジを繰り返しているが、このマシン・ヘッドをリリースした第二期が全盛期であるという見方は強い。 ロックバンドと観客の一体感、臨場感、サウンドの立体感、ライブならではの良さってありますよね。本記事では、ロック史上最高のライブアルバムを紹介しています。バンドや観客の熱が伝わってくる熱い最高傑作は必聴です。 ディープ・パープル 【Perfect Strangers Tour Paris 1985】 104分 第二期、黄金のラインナップによる伝説の再結成ライヴ、1985年フランス公演を収録 リッチーの熟成されたギタープレイ、そしてド迫力でシャウトするイアンギランのステージングやイアンペイスのドラムソロ等々、見所満載! ディープ・パープルの全盛期は 70 年代。 他に活躍していたギタリストといえばエリック・クラプトン、バンドで言えばレッドツェッペリンやローリングストーンズなどが挙げられます。 年代的にはディープ・パープルの全盛期が少年時代に相当するため、ファンであってもおかしくはありませんが・・・ ですがおっとりした父親のようなので娘にロックを聴かせるというのはイメージし難いです。 もしかして:元カレの影響? ディープ・パープルは個人的にものすごい好きですが、取り分け衝撃的でも無かったですし。 ... あっ、パープルは全盛期の第二期で(^^ Vo: 「昔は美声&容姿端麗。今は声ガラガラ&容姿シワクチャ」と、共通点の多い二人。 アルバム『紫の炎(Burn)』は、正に第3期の船出にふさわしい作品だった。デヴィッドとグレンの参加によって第2期とは異なる、リズム&ブルースっぽいカラーが導入されたものの、全世界のパープル・ファンは新生ディープ・パープルを暖かく迎え入れた。 今日は ディープ・パープル を取り上げます。 ディープ・パープルはイギリス・ハートフォードで結成されたハードロック・バンド。 メンバーを入れ替えながら活動を続け、第9期にあたる現在も活動中です。 全盛期と評される第2期のメンバーは以下の通り。 ディープ・パープルの全盛期といえば、第2期メンバーの時代だ。ハードロック路線に切り替え、立て続けに「イン・ロック(In Rock)」(1970年)、「ファイアーボール(Fireball)」(1971年)、そして不朽の名作「マシン・ヘッド(Machine Head)」(1972年)を発表した。 おすすめのミュージシャンやバンドのなかで最も好きな楽曲を選び、紹介していく「この1曲」。, 1968年5月ファースト・アルバム「Shades of Deep Purple」をリリースしデビュー。, 1968年6月に「The Book of Taliesyn」、1969年6月「Deep Purple」をリリース。, 1969年あたりから、一定の評価を受けていた現状のサイケデリック・ロックの路線を継続したいジョン・ロードと、ハード・ロック路線を目指すリッチー・ブラックモアが対立。, ブラックモアは一度だけハードロックを志向するアルバムを作ってファンの反応をみたいと提案。, これをロードが承認する形で4作目「Deep Purple in Rock」は制作されます。, 1970年に発表された「Deep Purple in Rock」はイギリスで4位を獲得。シングル・カットされた「Black Night」もイギリスで2位とヒットします。, この結果、ディープ・パープルはハードロック路線を進むことが決定し、楽曲制作はブラックモアが主体となっておこなうことになりました。, 続く5作目「Fireball」(1971年)ではイギリス1位、アメリカ32位を獲得。, そして6作目「Machine Head」(1972年)がリリース。このアルバムはイギリスで1位、アメリカでも最高7位。, アメリカでは、Top200位以内に118週もランクインされるロングセラーとなりました。, 次作「Who Do We Think We Are」(1973年)を最後にイアン・ギランとロジャー・グローヴァーが脱退。, バンドはデイヴィッド・カヴァデールをヴォーカルに迎え、「Burn」(1974年)、「Stormbringer」(1975年)を制作するも、, バンドはギターにトミー・ボーリンを迎え活動を続けますが、結局1976年に解散してしまいます。, その後は1984年に第2期のメンバーで再結成。以降もメンバーを変えながら活動を続けています。, さて、ディープ・パープルで一番好きな曲ですが、私は第2期(1969年〜1973年)が好きで、選ぶのはこの期間の曲ということになりますが、, 「Speed King」、「Highway Star」、「Smoke on the Water」、「Space Truckin’」などが候補に挙がりますが、, 今回ディープ・パープルを聴き直して、私はもうこの辺はお腹いっぱいになってしまっていると感じました。もちろんかっこいいんですけどね。, リッチー・ブラックモアのギターはもちろんなのですが、ジョン・ロードのキーボードが攻めてて大好きです。, 4分過ぎてもヴォーカルは入ってきませんが、ギターとキーボードの掛け合いだけで全然聴ける曲。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. ジョー・サトリアーニの映像を見て全盛期のディープパープルを思い出すのは私だけでしょうか。 もっと具体的にどの辺が?????ちなみに私は全く思いませんが・・・ ディーペスト・パープル<ヨウガクベスト 1300 shm-cd>がロックストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。 『ディーペスト・パープル』 ディープ・パープル全盛期といわれる2、3期の名曲に絞ったベスト・アルバム。「スピード・キング」「ハイウェイ・スター」「紫の炎」他全12曲収録。(1980年作品) 今回は、ディープ・パープルの名盤でおすすめのアルバムについて見てきた。 今でも現役で活躍を続けているディープ・パープルだが全盛期はやはり70年代で、 おすすめの名盤も5枚中4枚が70年代に集中 してしまうことになった。 ハード・ロックを語る上で絶対に避けては通れないバンド、それがディープ・パープルである。, すでに20枚にも及ぶスタジオ・アルバムをリリースしており、数多くの名盤がリリースされている。, ディープ・パープルの黄金時代は70年代で、特に第2期ラインナップが最強との評価が多い。, 確かに80年代以降の再結成ディープ・パープルは、まるで違うバンドといえるほどの違いがある。, なので、ここに紹介するディープ・パープルのおすすめの名盤も必然的にほとんどが70年代のアルバムとなった。, ディープ・パープルをあまり知らない若いファンには、なかなか20枚のスタジオ・アルバムを聞く機会もないと思うのでぜひ参考にしていただければと思う。, ディープ・パープルの名盤で外すことのできない、おすすめのアルバムは、以下の5枚だ。. 全盛期のメンバーによってリユニオンされて以降のベスト盤。84,87,88年に発表された3枚のアルバムから編集。(4)(9)(10)は往年の名曲のライヴだが、同じメンバーによる再録でも手応えはかなり変わっていて、バンドの姿勢が変質しているのがよく納得できます。 つい最近ディープ・パープルにハマッてしまいました。ぜひライヴがあったら行こうと思っておりますが、なんと5月に来日するではありませんか!(1)今回の来日するディープ・パープルのメンバーはどういう人達でしょうか?(2)ライヴでの決 ディープパープル. 昨日2016年5月15日に2年ぶりに来日をしたディープ・パープルの日本武道館ライブに行ってきました。メンバーの年齢のことも心配でしたが、そんな心配を吹き飛ばすほどの圧倒的なパフォーマンス。ロックは年齢じゃないということを改めて痛感したライブでした。 『ディープ・パープル・イン・ロック』('70)は、ロックとクラシックの融合を目指すプログレ方面のバンドだったパープルがハード・ロック・バンドに生まれ変わった記念碑的アルバムで、『マシン・ヘッド』と並ぶ第2期パープル(つまり全盛期)の最高傑作。 ディープ・パープルのような大御所バンドの場合、名曲ランキングにようなことをやるとどうしても全盛期の70年代に集中してしまいがちだ。 特に10曲に絞ってしまうとその傾向がもろに出てしまう結果となってしまった。 Deep Purple とテイストが似ているアーティストが見つかれば、新しい音楽との出会いも増えます。曲を Scrobble するだけであなたにぴったりのトラックやアルバム、アーティストをおすすめします。 日本ではレッド・ツェッペリンと並びハードロック・バンドの代表格の一つに数えられ、後のハードロック、ヘヴィメタル・バンドにも大きな影響を与えた。 1976年に一度解散した が、1984年に再結成した。 1968年。邦題は当初「ディープ・パープルの華麗なる世界」、その後「詩人タリエシンの世界」。アルバムタイトルは、一般に「タリエジンの書」と呼ばれるケルト文化の重要史料から来ている。全米54位。 ユーライア・ヒープ(Uriah Heep)は、イングランド出身のロック・バンド。. (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)};c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g,d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))})(window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink");msmaflink({"n":"ライヴ・イン・ジャパン DELUXE EDITION","b":"ワーナーミュージックジャパン","t":"","d":"https:\/\/m.media-amazon.com","c_p":"\/images\/I","p":["\/61Lop4flEVL.jpg","\/514H6dvuaML.jpg","\/51K60Hq6skL.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/dp\/B00JAON5IQ","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1976757","rakuten":"1976121","yahoo":"1976752"},"eid":"6piid","s":"s"}); 収録曲 1.ハイウェイ・スター(Highway Star) 2.チャイルド・イン・タイム(Child in Time) 3.スモーク・オン・ザ・ウォーター(Smoke on the Water) 4.ミュール(The Mule)~Drum Solo 5.ストレンジ・ウーマン(Strange Kind of Woman) 6.レイジー(Lazy) 7.スペース・トラッキン(Space Truckin), メンバー ヴォーカル:イアン・ギラン ギター:リッチー・ブラックモア ベース:ロジャー・グローヴァー キーボード:ジョン・ロード ドラムス:イアン・ペイス, ディープ・パープルの初来日公演を収録したライブ・アルバムの名盤中の名盤が、この「ライブ・イン・ジャパン」である。, 数あるディープ・パープルの名盤の中でもこの「ライブ・イン・ジャパン」を最高傑作にあげる人は多いはずだ。, ライブ・バンドであるディープ・パープルの破壊力が爆発し、第2期の5人のメンバーの個人技が非常に高いレベルで混じり合っている。, 音質もこの時代とは思えないほど優れており、第2期ディープ・パープルの絶頂期をとらえた、まさに一期一会の名盤。. ディープ・パープル(英語: Deep Purple )は、イングランド出身のハードロック・バンド。. 全盛期のメンバーによってリユニオンされて以降のベスト盤。 ... 使いとスリリングな楽曲展開、パワフルなバンド・アンサンブルという3拍子揃った第3期ディープ・パープル随一の名曲。 ディープ・パープル全盛期といわれる2、3期の名曲に絞ったベスト・アルバム。「スピード・キング」「ハイウェイ・スター」「紫の炎」他全12曲収録。(1980年作品) (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)};c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g,d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))})(window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink");msmaflink({"n":"Deep Purple In Rock (25th Anniversary Edition)","b":"Emi","t":"834019","d":"https:\/\/m.media-amazon.com","c_p":"\/images\/I","p":["\/51vbHbD1q9L.jpg","\/51HDCMvvDGL.jpg","\/51MC8Ul698L.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/dp\/B000005RQT","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1976757","rakuten":"1976121","yahoo":"1976752"},"eid":"VqkiD","s":"s"}); 収録曲 1.スピード・キング(Speed King) 2.ブラッド・サッカー(Bloodsucker) 3.チャイルド・イン・タイム(Child in Time) 4.フライト・オヴ・ザ・ラット(Flight of the Rat) 5.イン・トゥ・ザ・ファイア(Into the Fire) 6.リヴィング・レック(Living Wreck) 7.ハード・ラヴィン・マン(Hard Lovin Man), メンバー・チェンジを行いハード・ロック・バンドとして生まれ変わった第2期ディープ・パープル初のスタジオ・アルバムが、この「ディープ・パープル・イン・ロック」である。, 完成度では次に登場する名盤「マシーン・ヘッド」に劣るものの、ハード・ロックの破壊的なテンションやアグレッシブなプレイは「ディープ・パープル・イン・ロック」が勝る。, 特にこのアルバムに賭けたリッチー・ブラックモアの尋常じゃないギター・プレイは、まさに狂気のギタリストにふさわしい。, 個人的にはスタジオ・アルバムでは、この「ディープ・パープル・イン・ロック」が最高傑作。. 『ディーペスト・パープル』 ディープ・パープル全盛期といわれる2、3期の名曲に絞ったベスト・アルバム。「スピード・キング」「ハイウェイ・スター」「紫の炎」他全12曲収録。(1980年作品) (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)};c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g,d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))})(window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink");msmaflink({"n":"パーフェクト・ストレンジャーズ","b":"ユニバーサル","t":"unknown","d":"https:\/\/m.media-amazon.com","c_p":"","p":["\/images\/I\/51DvNyLrLdL.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/dp\/B005S1Y60Q","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1976757","rakuten":"1976121","yahoo":"1976752"},"eid":"szJlE","s":"s"}); 収録曲 1.ノッキング・アット・ユア・バック・ドア(Knocking at Your Back Door) 2.アンダー・ザ・ガン(Under the Gun) 3.ノーバディーズ・ホーム(Nobody’s Home) 4.ミーン・ストリーク(Mean Streak) 5.パーフェクト・ストレンジャーズ(Perfect Strangers) 6.ア・ジプシーズ・キッス(A Gypsy’s Kiss) 6.ウェイステッド・サンセッツ(Wasted Sunsets) 7.ハングリー・デイズ(Hungry Daze), 80年代に第2期のメンバーで再結成したディープ・パープルの第1弾となったアルバムが、この「パーフェクト・ストレンジャーズ」だ。, 期待された再結成だったが、70年代のディープ・パープルを求めるファンにはひと味もふた味も違うバンドに変貌していた。, しかし、ディープ・パープルらしさは健在で、年月を積み重ねたメンバーのいぶし銀のような渋さが加わることになった。, 「ノッキング・アット・ユア・バック・ドア」や「パーフェクト・ストレンジャーズ」など名曲も多く、再出発を飾るにふさわしい名盤に仕上がっている。, こちらの記事も合わせてどうぞ!☞ ディープ・パープルの名曲ランキング10選!これだけは聞いてほしい, 今でも現役で活躍を続けているディープ・パープルだが全盛期はやはり70年代で、おすすめの名盤も5枚中4枚が70年代に集中してしまうことになった。, はっきり言ってしまえば、ディープ・パープルはここにあげた以外のアルバムでも70年代の第2期と第3期のアルバムならそう外れはない。, そんな名盤の中でも「ライブ・イン・ジャパン」と「イン・ロック」、「マシン・ヘッド」がディープ・パープル3大名盤として特におすすめだ。, もうリリースからだいぶ年月は経過しているが、時代を超えたロック・クラシックとして是非とも聞いていただきたい名盤たちである。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。. (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)};c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g,d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))})(window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink");msmaflink({"n":"マシン・ヘッド","b":"ワーナーミュージックジャパン","t":"","d":"https:\/\/m.media-amazon.com","c_p":"","p":["\/images\/I\/51cS+Y3N8IL.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/dp\/B00VGPRH1S","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1976757","rakuten":"1976121","yahoo":"1976752"},"eid":"HQ9FU","s":"s"}); 収録曲 1.ハイウェイ・スター(Highway Star) 2.メイビー・アイム・ア・レオ(Maybe Im a Leo) 3.ピクチャーズ・オブ・ホーム(Pictures of Home) 4.ネヴァー・ビフォア(Never Before) 5.スモーク・オン・ザ・ウォーター(Smoke on the Water) 6.レイジー(Lazy) 7.スペース・トラッキン(Space Truckin’), ハード・ロック史上に残る名曲「ハイウェイ・スター」「スモーク・オン・ザ・ウォーター」などが収録されている名盤が、この「マシン・ヘッド」だ。, ある意味では第2期ディープ・パープルのひとつの完成形であり、イメージができあがったアルバムといえるかもしれない。, どこから聞いてもスキのない名盤で表の最高傑作といえるが、「ライブ・イン・ジャパン」の後に聞くとどうしてもかなりおとなしい感じがしてしまう。. Copyright © 2019-2020 JOY SPRINGS All Rights Reserved. そんなディープ・パープルから今回選んだのは、記念すべきファースト・アルバムである「ハッシュ」で1968年リリースです。ほとんど話題にならない第1期パープルですが、3rdアルバムまでの3枚はかなり好きで実は聞きこんでいたりします。 この夏にリリースされたディープ・パープルのニュー・アルバム『Whoosh!』が思いのほか良かったんです。全盛期とは異なる曲調も多いのですが、1984年の再結成からスッタモンダしながら存続してきたパープルが、このくらいに引き締まったアルバムを発表してくれたのはちょっとした驚きです。 実はリッチー・ブラックモアがディープパープルを最後に脱退したのが1993年でした。 また話は前後しますが、それ以前にリッチーがディープパープル脱退したのが、いわゆる全盛期のピークを越えたばかりだと思われる1975年のことでした。 英ハードロックの草創期から活動するグループの一つ。 1970年代に全盛期を迎え、「レッド・ツェッペリン」「ディープ・パープル」と並び称された。. (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)};c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g,d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))})(window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink");msmaflink({"n":"紫の炎【30th アニバーサリー:SHM-CD】","b":"ワーナーミュージックジャパン","t":"","d":"https:\/\/m.media-amazon.com","c_p":"","p":["\/images\/I\/4175uTb8rHL.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/dp\/B01CDCS45K","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1976757","rakuten":"1976121","yahoo":"1976752"},"eid":"R128C","s":"s"}); 収録曲 1.紫の炎(Burn) 2.テイク・ユア・ライフ(Might Just Take Your Life) 3.レイ・ダウン、ステイ・ダウン(Lay Down, Stay Down) 4.セイル・アウェイ(Sail Away) 5.ユー・フール・ノー・ワン(You Fool No One) 6.ホワッツ・ゴーイング・オン・ヒア(What’s Goin’ on Here) 7.ミストゥリーテッド(Mistreated) 8.“A”200, メンバー ヴォーカル:デイヴィッド・カヴァデール ギター:リッチー・ブラックモア ベース:グレン・ヒューズ キーボード:ジョン・ロード ドラムス:イアン・ペイス, ヴォーカルとベースをチェンジし、生まれ変わった第3期ディープ・パープルの第1弾となったアルバムが、この「バーン(紫の炎)」だ。, タイトル・トラックの「バーン(紫の炎)」や「ミストゥリーテッド」などの名曲を収録しており、第2期の「マシーン・ヘッド」以来となるスタジオ・アルバムで起死回生の名盤となった。, 代表曲の「バーン(紫の炎)」は第2期ディープ・パープルからに流れを汲む名曲だが、他は新加入のデイヴィッド・カヴァデールとグレン・ヒューズの個性を反映したブルージーでファンキーな要素が加わっている。. 『ディーペスト・パープル』 ディープ・パープル全盛期といわれる2、3期の名曲に絞ったベスト・アルバム。「スピード・キング」「ハイウェイ・スター」「紫の炎」他全12曲収録。(1980年作品) ※商品仕様・収録内容は変更になる場合がございます。 ディープパープルは、イングランド出身のロックバンドです。 70年代のロックシーンに大きな影響を与えたバンドです。 ギネスに認定されたりロックの殿堂にノミネートされるなどロックシーンを引っ張ってきたバンドだと思います。 1970年代に入るとハードロックは全盛期を迎え、レッド・ツェッペリンやディープ・パープルなどのバンドが活躍しました。 同じころ楽曲の構成の美しさや、アルバムの作品性を追求していたのがプログレッシブロックでした。