コロンボ を創造した男 ... ジャネット・リー、サム・ジャッフェ、ジョン・ペイン、モーリス・エヴァンス 33.「ハッサン・サラーの反逆」 a case of immunity テッド・ポスト/ルー・ショー/ ヘクター・エリゾンド、サル・ミネオ、バリー・ロビンズ 34.「仮面の男」 identity crisis ジャネット・リー (Janet Leigh、本名:Jeanette Helen Morrison、1927年 7月6日 - 2004年 10月3日)は、アメリカの女優。 ジャネット・リー Janet Leigh; 1949年のリー. ブラウン, ディキシー・リー シュピーゲル, Jeni Pollack Day, Valerie B. ジェニ・ポラック デイ, ジャネット マクレラン, ヴァレリー・B. 今回はコロンボの他にいち早く真犯人を見抜く意外な人物が登場、事件解決に一役買う。マクベイ役のジョージ・ウェントは、アメリカtv界では人気のスター。『夜の大捜査線』でアカデミー賞主演男優賞を受賞したロッド・スタイガーがマフィアの大物を演じ話題に。 もう一つ、「刑事コロンボ」で重要なポイントは、回(物語)毎に変わる犯人役等の配役が豪華な事です。 最近、NHKで放送された「忘れられたスター」も、相手役に出演しているのが「ジャネット・リー」、彼女はヒッチコックの「サイコ」で有名です。 懐かしいシーンですね。右は言うまでもなくアンソニー・パーキンス、左が若き日のジャネット・リーです。 コロンボの正装が意味するところは最後の最後になって分かるという、洒落た構成にも惹かれ … 刑事コロンボの日本語吹き替え版のdvdやブルーレイを観ていると、急に音声が変わることに気づきます。もっさりした感じとか、あるいは別人のものになったり…今回は、刑事コロンボの吹き替え版の秘密についてのお話です。 最後に、グレース役を演じられた女優ジャネット・リーが、1958年に、カーク・ダグラス、トニー・カーティスと共演され、リチャード・フライシャー監督の「バイキング」のDVDを、一部だけ再生しました。若い時も、このコロンボに出演された頃も、綺麗な女優さんでした。 往年のミュージカル女優グレース(ジャネット・リー〈サスペンス映画「サイコ」でシャワールームで殺害される美女マリオンを演じたことで有名〉)が、自身の再起をかけた舞台への出資を断った富豪の夫ヘンリーを殺害するという筋立てです。 本日はこの作品の見どころであるラストシー� このエピソードは、「犯人も犯行のトリックも明らかにしながら、コロンボ ... ^ “『サイコ』のジャネット・リー 、死去”. そして、女優としての『覚悟』を、このドラマのジャネット・リーにも感じてしまいましたね。 調べますと、往年の「刑事コロンボ」ファンの方にはもっとも人気ある作品のひとつでありながら、ミステリーとしては異色作としての評価があるようで、それも本当に頷けました。 シネマトゥデイ. ドラマ全編、とてもやりにくそうなコロンボが見られることになります。 (そして、なんと、ラストでコロンボは、犯人を逮捕しない!) ジャネット・リーの貫禄と、巧みな趣向で、とても良い作品になってると思います。(エラそうに…) コロンボシリーズを観ていたのはすごく昔のことですが、この話だけは特にはっきりと覚えています。ラストシーンのあの曲が切なく聴こえて、観終わってからしばらく涙が止まりませんでした。 っていうか、あの女優役はジャネット・リーだったんですか! 本作はいつものコロンボの定型に乗っ取った“安心して楽しめる推理ドラマ”ですが、ゲストスターであるジャネット・リーに本人を連想させる役を演じさせたことで“映画という虚構に実際のスターの過去を重ねあわせて観ることの出来る”深みのあるドラマとなっています。 あらすじ: 第三十二話。カムバックのための資金を夫が出資してくれないと知って、彼を殺し、自殺したように見せるかつての大スター(ジャネット・リー)対コロンボ。 犯人役は『サイコ』のジャネット・リー。 今回のコロンボ、犯人に同情する(90分) (モモ★ラッチ) 初めコロンボ役の候補としてあがっていたのは、ミュージカル・スターのビング・クロスビーと『十二人の怒れる男』等で知られるリー・J・コッブだった。また、日本語版でのコロンボの吹替えも、最初の候補は露口茂だった。 (2004年10月5日). 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. 第5シーズン「刑事コロンボ」 32話「忘れられたスター」ジャネット・リー(グレース・ウィラー) 33話「ハッサン・サラーの反逆」ヘクター・エリゾンド(ハッサン・サラー) 34話「仮面の男」パトリック・マクグーハン(ネルソン・ブレナー) その刑事が難事件を解決していく。声優の吹き替えが有名な刑事コロンボ 作品一覧、あらすじを掲載。 よろよろのコートに安物の葉巻をくわえ、もじゃもじゃの頭。 とても事件を解決できそうもない刑事が登場。 その刑事が各界の一流セレブに迫り難事件を解決していく。 このギャップが刑� 『刑事コロンボ』旧シリーズ一挙放送!ヒッチコック監督の映画「サイコ」のヒロイン、ジャネット・リーが、カムバックを夢見る往年の名女優を演じる。 女優 リー・グラント 監督:リチャード・アーヴィング 脚本:ディーン・ハーグローブ 3 原題:Murder by the Book 邦題:構想の死角 刑事コロンボシリーズで犯人役3回! (3、22、36話)俳優 ジャック・キャシディ 監督:スティーブン・スピルバーグ 役に立った. 名女優、ジャネット・リーが、自らの出演するミュージカルに出資しない夫を銃殺。 しかし、コロンボの捜査段階で、彼女にもわからない事実が浮かび上がる。 涙もののラストは、シリーズ屈指! 続きを読む.