老後一人暮らし、最低いくらで生活できるのか生活費を計算してみよう 老後の一人暮らしのは、 1ヶ月最低183,500円程度 あれば生活できます。 具体的に1ヶ月に必要な生活費を、 老後の生活費(一人暮らし) 計算シミュレーション で計算しました。 老後の生活費の内訳はどうなっているのでしょうか。 総務省統計局の家計調査報告からまとめました。 60歳以上で無職一人暮らし世帯の老後の生活費. 総務省の家計調査報告(家計収支編)2019年(令和元年)によると、高齢単身無職世帯の消費支出(支出全体から所得税や住民税、社会保険料などの非消費支出を差し引いた支出)は139,739円です。 内訳は以下の通りです。 老後一人暮らしの生活費はいくらか気になりますよね。早めに意識すればそれだけ資金準備も楽になります。ここでは老後一人暮らしの生活費はいくらか、最新データから内訳や平均費用を解説し、場合別でシュミレーションします。更に年金では足りない人のために貯蓄方法も解説します。, 一人暮らしの老後の場合、「生活費って一体いくらくらいかかるの?」「年金ってどのくらいもらえるの?」など、様々な疑問が出てきます。, 一人暮らしの老後でも安心して生活を送るためには、一体どのくらいのお金が必要なのでしょうか。, 老後にかかる生活費だけでなく、年金についても詳しくご紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください。, もちろん、体の健康の状態や、家が持ち家か賃貸かなどによって必要な生活費は人それぞれ異なります。, 老後も賃貸住まいの予定であれば、月額平均額にプラスで3~5万円は見積もっていた方が良いでしょう。, また、一人暮らしの生活費の月額平均額には、急な病気や怪我のための治療費や、介護の費用はほとんど含まれていませんので注意が必要です。, 厚生年金は、会社の給料から保険料が自動的に引かれて支払っており、半分は企業が支払ってくれます。, なので、自営業の場合は「国民年金」のみ、サラリーマンや公務員の場合は、「国民年金」+「厚生年金」となります。, また、上記の厚生年金の平均支給額は、国民年金と厚生年金を合算した値となっています。, 具体的に1ヶ月に必要な生活費を、老後の生活費(一人暮らし) 計算シミュレーションで計算しました。, 生活日用品は毎月ではありませんが定期的に購入するので、およそ3,000円見ておきます。, 教養娯楽費はおよそ1.7万円です。老後は時間もあるので、趣味などにかけるお金が増えやすいです。, これは、あくまでも平均的な金額で計算したものなので、削れるところは削ってみるなど自分のライフスタイルに合わせて、最低限必要な生活費を計算してみてください。, 平均余命とは、ある年齢の方が平均してあと何年、生きることが出来るのかを表すものです。, ゆとりある老後を送るためには、一人暮らしの場合、毎月最低限必要な生活費+ゆとり資金としておよそ3万円必要になります。, ゆとり資金の使い道は、「食生活」が最も多く、次いで「レジャー・余暇生活」となっています。, しかし、70歳以上になると、使い道は同じでも「食生活」の割合がさらに多くなり、「レジャー・余暇生活」の割合は減少してきます。, 海外旅行・国内旅行は年1回ずつ行くと仮定し、海外旅行がおよそ16万円、国内旅行がおよそ3万円ほどかかります。, したがって、年間ではおよそ31万円になり、食生活もゆとり資金から上乗せすると考えると、1ヶ月でおよそ3万円ほどのゆとり資金が必要になると考えられます。, 資金に余裕がなくても、ゆとりある老後生活を送りたい人は、所有している不動産の整理・処分・活用方法を考えましょう。, 持ち家の人も、高齢になると階段の上り下りが大変になったり、スペースを持て余していたりなど、様々な問題が出てきます。, 老後に住み替えを希望する方や、介護施設への入居を考えている方は、持ち家の売却や賃貸活用がおすすめです。, 売却を行う場合は大きな収入になりますし、賃貸活用をする場合は家賃収入が得られます。, 老後の一人暮らしで無職の場合、生活費の月額平均はおよそ15万円なので、15万円×12ヶ月=年間180万円になります。, そして、女性は65歳から約25年間生きるといわれていますので、年間180万円×25年=4500万円になります。, 年間で老後の生活費として貯金しておきたい金額は (老後の生活費-老後の収入)×12ヶ月で計算すると、, 女性の場合は男性に比べて、平均余命が5年ほど長く、受け取れる厚生年金の平均額は6万円以上低いので、老後の負担はさらに大きくなります。, 国民年金の場合、60歳までに受給資格期間を満たしていなかったり、保険料納付済期間が480ヶ月に満たず満額がもらえない人は、60歳以上でも480ヶ月を上限に、加入し続けることができます。, 高齢任意加入とは、受給資格期間を満たしていない人が70歳を超えても加入し続けられる制度のことです。, ちなみに、受給資格期間とは、年金の受給資格を得るために必要な加入期間のことで、基本10年間です。, また、年金は受給の繰り下げも可能ですが、早く受け取る分、減額になりますので注意しましょう。, 年金は65歳から受け取れますが、最大60歳まで1ヶ月単位で繰り下げることができ、1ヶ月につき0.5%の減額になります。, 個人年金保険は、支払った金額に応じて生命保険料控除の対象にもなり、医療保険などに加入していても別枠で個人年金保険料控除が受けられます。, 「口座にお金があると、ついつい使ってしまう」という方は口座振替にしておきましょう。, しかし、途中で解約すると、支払った額よりも少ない額しか返ってこない可能性が高いため注意しましょう。, この記事では、「老後の一人暮らしに必要な生活費」について説明してきましたが、いかがでしたでしょうか。, 一人暮らしの老後が不安という方は、「老後の収入」と「今の貯蓄」で「老後の支出」がまかなっていけるのかを一度シュミレーションしてみてください。, FPに相談することで、将来受け取れる年金の受給額をシミュレーションしてくれたり、問題があれば解決するヒントや具体的なアドバイスを得ることができます。, 東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。, 老後の生活費として3000万円必要って本当?あなたの老後に必要な金額を計算してみよう。, 年金受給額の平均は、厚生年金で男性165,668円・女性103,026円、国民年金で55,615円. 独身男性・女性の方で将来が不安、老後資金が不安という方は多いでしょう。今回、独身一人暮らしの平均的な生活費をシミュレーションし、老後にかかる費用の目安から老後資金の貯め方も紹介します。悲惨な老後を送らないために、ゆとりある老後に必要な貯金額を把握しましょう。, 今の日本では、年金だけでは生活費はまかなえないと言われてます。つまり、年金とは別に老後資金を準備しておく必要があります。, 特に独身の方はパートナーや子供による金銭的な援助がないので、自分で老後の生活を考え、老後資金はいくら必要になるのかを計算する必要があります。, 老後資金は既婚か未婚か、子どもはいるか、男性か女性かでも大きく変わってくるので自分は大体いくら必要になるのかを今から把握しておきましょう。, 働いている今からできる老後の準備はたくさんあります。今から老後の生活の準備を進め、ゆとりのある老後を迎えましょう。, 特におひとりさまで老後の時間を過ごす方には重要な内容ですので、ぜひ最後までご覧ください。, 独身男性、独身女性は年金でもらえるお金の他に必要な老後資金は2000万円と言われています。, 上の表でもわかるとおり、老後にかかる生活費は161995円という調査結果が出ています。, これは想定できる最低限の生活費です。たとえば保険医療費を8286円としていますが、もし病気になって手術となれば、さらに高額な医療費がかかりますので生活費も上がってきます。, 独身の方が賃貸で老後を過ごす場合、 65歳以上の単身世帯の1カ月当たりの家賃は41,562円です。つまり月の生活費は200,636円が必要となってきます。, つまり、賃貸の方は家賃分としてさらに約1000万円が必要となってくるので約3000万円を目安に老後資金を準備しておく必要があります。, 老後に必要な資金を計算するには平均寿命を把握し、それを元に計算することが必要です。, 老後の資金を計算するにあたって、独身女性は独身男性よりも平均寿命が長いことを忘れてはいけません。, 厚生労働省「平成30年簡易生命表」によると、65歳での平均余命は男性が19.70年、女性が24.50年とされています。, これを加味しながら計算することで、男女それぞれの必要な老後資金を割り出すことができます。, シングル女性は約25年分の老後資金が必要となるので、平均費用よりも高額になることも気をつけましょう。, 国民年金は「基礎年金」とも呼ばれているもので20歳以上60歳未満の国民全員が必ず加入している年金を指します。保険料は定額で、支給額は加入期間によって異なります。, 厚生年金とは国民年金に上乗せされて給付される年金を指し、正社員として働いていた人は納めている年金を指します。, 国民年金ですが、前述にもあった通り、国民年金は納付期間によって受給額が異なります。, なので0歳から60歳までの40年間きっちり保険料を納めたのであれば、約6万5,000円を受け取ることができます。, こちらに加えて正社員として働いていた人が受け取れるのが、厚生年金です。厚生年金の平均受給月額は約9万円なので、計約14万円を受け取れることになります。, 厚生年金において注意が必要なのが、年齢によって受給額が異なる点です。これは法律の改正が影響しており、年齢が高いほど高額の厚生年金を受け取れます。, 一番少額だと60歳〜64歳で約8万5000円、一番高額だと85歳から89歳で約16万7000円となります。, また、今の日本は賦課(ふか)方式(今の現役世代が納めた保険料を、今の年金受給世代に老齢年金として支払う方式)なので、今働いている人たちがもらえる額は、高齢化の影響によって約2割減ると言われています。, それは単純に、既婚者だと夫婦二人分の年金が入ってくるからです。つまり、夫婦二人だと助け合えるものが、独身だと何があっても一人で生計を立てないといけないということです。, 公的年金が少ない分、独身の方は準備しておくべき老後資金の必要額が大きくなるでしょう。, 年金だけでは老後資金が足りないと言われている今、老後資金を今のうちから準備しておくことが大切です。, そんな老後のために今から老後のためにできる準備方法は次のようなものが挙げられます。, そしてここでいう老後資金のための資産運用とはどのような方法があるのか、詳しくご説明します。, 個人年金保険とは、ライフプランにあわせて、確定年金・有期年金・終身年金の3種類から選択することができる保険です。, 公的年金や企業年金では不足している分を個人で補うもので「私的保険」よも呼ばれます。, 個人年金保険とは保険料を納めることで、60歳や65歳といった一定の年齢から一定期間(5年、 10年など)もしくは一生涯にわたって毎年、一定額の年金が受け取れる貯蓄型の保険です。, これらは主に、外貨建てや株、債券で運用されているので、運用次第で大きく値上がりするものもあります。また、加入時は定期預金よりも利率が高いのも特徴です。, 個人年金保険は制約が少なく、途中解約もできるので、老後資金を貯めたいけどまず何からしていいか分からないと言う方にオススメです。, 確定拠出年金とは60歳まで毎月積み立てたお金を、60歳以降に一時金や年金の形式で受け取ることが出来る制度です。, 原則として60歳になるまで、引き出すことはできません。逆に言えば確実に老後資産を形成できます。, つみたてNISAとは年間40万円までのつみたて投資が非課税で最大20年間投資をできる制度です。, 少額投資をする人が長期投資することを目的としたもので、長期間非課税なので老後の必要額を補うことができ、老後に必要な貯金を増やすことができます。, 日本に住んでる20歳以上の人は利用できますが、口座開設は2037年までとなるので注意が必要です。, こちらは国が推奨しているもので、金融庁が定めた基準を満たす投資信託のみ取引することができるので安心です。, そういった方はまず、FP(ファイナンシャルプランナー)に相談することをオススメします。, FPにライフプラン相談すると、将来のマネープランや保険の見直しをすることができるので、今からできる老後資金の準備をプロの目線でアドバイスをしてくれます。, ほけんROOM相談室では、経験豊富なFPが数多く揃っているので、ライフプラン相談や保険相談に乗ってくれます。, また、現在オンライン相談も実施しているので自宅から出なくていいので、安心して気軽に相談できます。, 今回は老後資金とその準備方法について、特に独身の方にフォーカスしてご説明しました。いかがでしたか?, これからさらに年金の受給額が減ると言われている今、老後の備えは万全にしなくてはいけません。, 特に独身の方は、貧困な老後生活を迎えないためにも対策をしておきましょう。今からコツコツ準備しておけばゆとりのある老後が迎えられます。, 独身男性の老後は約20年と言われており、毎月不足する生活費4.8万円×12ヵ月で、1年間で57.6万円、65歳からの20年では, これに加えて介護費用やお葬式代を考えると、配偶者に頼らずに安心した老後を迎えていくためには、合計で, 旅行に対する1か月間の平均支出額は男性が2万4,000円、女性が2万7,000円と言われています。, またグルメに対する出費は、1カ月当たりの平均支出額は男性が1万7,000円、女性が1万1,000円と言われています。, また、シニアの方は高齢独身でいることに、前向きな方が多く老後の1人を楽しむと言う方も増えているようです。1人で趣味を満喫するとなると、やはり趣味の支出はさらに増えます。, もちろん先ほどの老後にかかる生活費は、最低生活費なのでこのような趣味の分の支出は入っていません。せっかく, 日本在住の20歳以上60歳未満の方であれば、始めることが可能で月額5000円の積み立て金から始めることができます。, 東京大学の経済学部で金融を学び、その知見を生かし世の中の情報の非対称性をなくすべく、学生時代に株式会社Wizleapを創業。保険*テックのインシュアテックの領域で様々な保険や金融サービスを世に生み出す一歩として、保険相談や選び方のポイントを伝える「ほけんROOM」を運営。2019年にファイナンシャルプランナー取得。. 老後のひとり暮らしにかかる生活費 まずは、老後のひとり暮らしにはどのくらいのお金がかかるのか具体的な数字をみていきましょう。 総務省の「家計調査報告(2018年)」によると、無職の高齢単身者の月々の収入は12万3,325円、支出は14万9,603円。 1.1 【夫婦で持ち家の場合】平均的な老後の生活費は26万円; 1.2 【独身で持ち家の場合】平均的な老後生の生活費は14万円; 2 【老後の生活費】ゆとりある生活を送るためには?. 私の老後の生活費って、いくらくらい必要なんだろう?身も心も凍えるこの季節、30年後の己の暮らしについて考えてみました。 おそらく今後も独身なので、「結婚のための貯金」だの「子供の教育費」と … 老後の生活費、結局どれくらいかかるのか?半ば永遠のテーマに近い老後の生活費について、「実際のところいくら必要なのか」という目安から、実際の生活費をシミュレーションする方法、さらに老後に生活費で困らない為に今からできる事を解説していきます。 老後の1人暮らしにかかる生活費は「月16万円」が目安. 老後の生活費、平均でいくらかかる?夫婦・独身それぞれのケースを解説 「公的年金以外に老後資金2,000万円が必要」とした金融庁の報告書が注目を集めたのをきっかけに、改めて老後の生活に不安を覚えるようになった方も多いのではないでしょうか? 独身男性の老後は約20年と言われており、毎月不足する生活費4.8万円×12ヵ月で、1年間で57.6万円、65歳からの20年では 約1152万円 かかります。 一方、独身女性の老後は25年と言われてるので必要な老後資金は、 約1440万円 となります。 下の表は60歳以上で無職一人暮らし世帯の標準生活費テータを資料から抜粋したものです。 2.1 【夫婦で持ち家の場合】約34万円; 3 【独身で持ち家の場合】約16万円 老後一人ぐらしに必要な生活費というのは、健康度合い、持ち家なのか賃貸なのかなど、人によって異なりますが、平均でいうと、総務省『家計調査2017』によると 65歳以上の一人暮らし で無職の世帯の場合の平均の支出額が 月約16万円 。 収入が減り、反対に支出は増えてしまう老後に備えるため、自分に必要な老後の生活費の実態を知ることで、がぜん危機感を感じることでしょう。 総務省から発表された、2016年家計調査報告では、60歳以上の女性一人暮らしの老後月平均額は、149,552円です。 因みに、35歳~59歳の単身世帯の合計支出平均額は、183,106円となっています。 独身者は自分の生活費だけしかかからないため、既婚者よりも貯蓄しやすい環境にあると考えている人も多いのではないでしょうか? しかし、意外と独身者の生活費はかかるため、計画的に貯蓄していないと老後を迎える 独身女性の老後がひと月に必要とする生活費は、前述のように約15万円で、平均寿命まで生きるとして60歳以降の27年間、95歳まで生きるとすれば35年間分の資金が必要です。 ―老後の準備はどのような金融商品で行っている? ―民間の個人年金保険の仕組みを知りたい ―公的年金はいくらくらい受け取れる? ―公的年金で老後の生活費は大部分まかなえる? ―厚生年金は何歳から受け取れる? ―老後の生活費はどれくらい? しかし、このデータ、住居費が1.8万円の計算なんです。. 生涯独身がみえてくると、不安になってくるのは一人暮らしの老後生活。 頼る人がおらず、お金も心もとないとなると、将来はどうなるのでしょうか? 今回は、そんな女一人の老後の生活費は月10万で生活できるという、希望がもてるお話をご紹介します。 つまり、現在、ご高齢の一人暮らしの方は、持ち家の方が多いということだと思います。. 独身で扶養者・配偶者がいない場合は、年間3.3万円の税金がかかります。 老後の所得税・住民税は、年金受給額から公的年金控除と基礎控除の38万円を差し引いた金額から計算が行われます。 そうなると生活費を圧迫して来ることは必至ですね。 独身老後の生活費どうしよう!と思ったら. 目次. 独身男性の老後の生活費は一か月どれくらい必要か調査してみた. 独身男性の老後の生活費は、 繰り返しですが各人で全然違うので、 一概にはいえません。 特に、住まいの地域によって 家賃(住居費)が随分と変わります から、 尚更です。 独身者の老後生活費の目安と内訳. 総務省統計局の家計調査(平成28年度)によると、独身世帯の、老後の生活費の平均額は 16万円 ということになっています。 ちょっとこの内訳を見てみましょう。 総務省統計局「平成26年 全国消費実態調査」によると、単身女性の生活費平均は16万7,163円です。 毎月約17万円として、20歳から女性の平均寿命87歳まで67年間の生活費を計算すると、17万円×12カ月×67年=1億3,668万円。 先日、老後の生活費について細かく見積もり、シミュレーションをしてみました。 老後の生活費をシミュレーション!いくら必要なの? ありがたいことに、この記事けっこう反響があったんです。 さて、ここまで夫婦2人暮らしの老後の生活費についてご紹介してきましたが、老後は1人で暮らすことになるケースもあります。ここでは、高齢者1人世帯の生活費についても触れていきましょう。 結婚しない男性が増えています。調査によると、30~34歳の47.1%、35~39歳の35.0%が未婚となっています。さらに、50歳時点の未婚率を示す「生涯未婚率」を見ると2015年の段階で23.4%に達しており、その後も上昇を続けて2040年には29.5%となる予測が発表されています。 老後の生活費はいくら? 65歳以上二人世帯の毎月の支出は約24.8万円 総務省の家計調査(2019年)によると、65歳以上の世帯主の可処分所得が21.3万円であるのに対して、支出は24.8万円。 ところが、現在一人暮らしの場合、ずっと賃貸で老後を迎える方も多いかもしれません。. 老後資金の目安 2019.08.11 2020.08.18 マネリテ編集部 【実態検証】独身の老後の資金は平均で1000万円?月額生活費は15万円で十分なのかを含めて検証する そこで今回は、 独身の方が老後を安心して生活する資金の必要額 を、ご紹介しますね。 以前、生活費などのシミュレーションはしましたので、今回は貯金額に絞って見ていきたいと思います。 ⇒老後の生活費!女性一人の場合は? 老後に必要な生活費や準備の方法を具体的に考えたことはありますか。厚生労働省の「平成29年簡易生命表の概況」によると、女性の平均寿命は87.26歳。平均寿命は年々延びており、老後の期間が今まで以上に長くなっています。安心して楽しい老後を迎えるためにも、早めの対策が大切です。 老後の一人暮らし場合、毎月必要な費用、つまり生活費は平均15.3万円 程度と言われています。. 老後の支出はどのくらいなのでしょうか。2020年に総務省が実施した「家計調査」によると、60歳以上の独身女性の1ヵ月の生活費は14万6,425円、そのうち65歳以上は14万3,810円でした。 65歳以上の独身女性の「生活費の内訳」は、表1のとおりです。 1 【老後の生活費】平均額は?.