イオンゴールドカードは、どのようにすれば取得できるのかという情報をお探しでしょうか? 一般的なゴールドカードであれば年会費10,000円程度、格安ゴールドカードと言われるものでも年会費2,000円程度 イオン銀行スコアを上げやすい 6. イオンカードなら家族カードだって無料で作れます。3枚まで発行が可能なので、旦那様が契約者様の場合は奥さまや自分の両親、18歳以上で高校生でなければ子供でも利用が可能です。 利用していると『イオンゴールドカード』の招待が来る イオングループの店舗での利用でポイントがお得にたまる 4. イオンゴールドカードセレクトは年会費無料のゴールドカード。通常のイオンカードセレクト特典に加え、ショッピングセーフティ保障、旅行傷害保険、ラウンジサービスなどを利用できる特典をご用意し … 1枚でたくさんの機能がある 2. アメリカン・エキスプレス・ゴールドカードは、年会費29,000円(税抜)で発行されているアメックスの「ゴールドカード」です。 家族カードの発行は1枚目無料。彼女に発行するときも、無料なのは嬉し … 3つのポイントを貯めることができる 5. ゴールドカードの家族カードなら空港ラウンジも利用できる! イオンカードのなかでもワンランク上のクレジットカード、イオンゴールドカードでも家族カードは発行できます。もちろん、 本人会員同様、ゴールドカードの特典を受けることができます。 クレジットカードとして有名なイオンカードにはステータスの高いイオンゴールドカードが存在します。イオンゴールドカードを手に入れるためには「インビテーション(招待状)」が必要です。どうすればインビテーションが受け取れて審査に通過できるのか紹介していきます。 イオンカードの中には、家族で使うことができる便利な家族カードがあります。この便利なイオン家族カードの申し込み方法や発行までの期間、さらには解約方法までを、メリット・デメリットも含め徹底解説します。 イオンカードの家族カード申込方法 もし家族カードで40万円の買い物をすれば、本カードと家族カードで利用できる金額は残り60万円となります。 家族カードと本会員カードは別々に利用できますが、利用限度額は家族・夫婦間で共有されていることを覚えておきましょう。 イオンカード家族の審査はある?限度額はどうなるの?基準と内容、落ちる理由を詳しく解説しています。発行日数や家族カードの使い方、etcカードの申し込み方法がわかります。他社との比較からお得かどうか一目で比較できます。 イオンカード・イオンカードセレクトには「イオンゴールドカード」と呼ばれるのゴールドカードがあります。年会費も無料のままイオンカードの特典にゴールドカード限定特典が上乗せされます。2019年4月以降、空港ラウンジと海外旅行保険の特典がグレード イオンラウンジ 原則同伴者2名まで入室可とあります。 夫婦 子供2人の計4人家族です。私のイオンゴールドカードを提示した場合、同伴者2名まで入室。残りの1名入室するにはどうすればよいのでしょう … またイオンカードからイオンゴールドカードへグレードアップすると、イオンカードで家族カードを発行していた場合、自動的に家族カードもゴールドカードになります。 イオンカードセレクトでは家族カードを3枚までお申込みいただけます。家族カードにはキャッシュカード機能はつきません。キャッシュカード機能をご希望の際は、別途「代理人カード」のお申込みが必要です。 家族カード イオンゴールドカードを使う上で知っておきたい情報をまとめました。 基本的な部分は一般カードのイオンカードと変わりません。 順番に見ていきましょう。 締日は毎月10日、引き落とし日は翌月2日. イオンゴールドカードの締日は毎月10日です。 イオンゴールドカードのスペック. イオンゴールドカード(セレクト含む)は、インビテーション(招待状)でのみ発行可能なカードです。例外的にイオン銀行で住宅ローンを組めば、イオンゴールドカードセレクト<イオンセレクトクラブ>を発行してもらえますが、こちらは一般的な方法ではありません。 前提としてイオンゴールドカードにアップグレード可能なカードは、イオンカードとイオンカードセレクトのみです(それぞれG.G、ミッキーマウス デザイン … あのカードは実は申込では取得することができず、限られたイオンカードをいっぱい利用した人しか取得することができません。, このイオンゴールドカードはインビテーションという招待状が届かないと発行することができません。, 例え年収が1億あろうが、都内に豪邸を持っていようがイオンカードをよく利用しない方は門前払いされます。, 発行基準や条件がなんとも曖昧ですが、おそらく下記が条件ではないかと言われています。, イオンカードセレクトを選択している方の場合のみ下記の通りでも招待されたという評判です。, 色々条件がありますが、手っ取り早く、確実に発行できるのが①でしょう。この条件のみHPに記載されており、あとは推測です。, イオンカードは公共料金なども支払うことができますので、とにかく1年間だけイオンカードに支払いを集中させて、年間100万円以上達成させましょう。, また年間100万円以上いかなくても、とにかくイオンカードを利用していれば、インビテーションが届く可能性は十分あります。, なぜならこのイオンゴールドカードは年会費無料です!発行することのデメリットが全くないです。, イオンゴールドカードの招待が届いてるのに申込しないのは百害あって一利なしなので、とにかく招待が届いたら申込!これが基本です。, もし事前にイオンカードの家族カードを保有していれば、本人のイオンカードがゴールドになったときに自動的に家族カードもゴールドになります。, もちろん新規の家族カードの申込もすることができ、生計をともにする18歳以上(高校生を除く)の家族であれば3人まで発行することができます。, イオンゴールドカードを発行するためにはイオンカードのときに家族カードを発行しているとぐんと楽になります。, 夫婦間での支払いを共有させると年間100万円は割と簡単に達成することができるはずです。, 後に説明するイオンゴールドカードのメリットも家族の方は無料で存分に堪能することができます。, ゴールドカードになったからといって特段ポイントが2倍になるなどの優遇制度はありませんので、ご注意ください。, さて、この記事を見ている方はイオンカードをすでに利用している方も多いと思いますが、もう一度イオンカードのポイント制度についておさらいしましょう。, 基本還元率は0.5%で一般的なクレジットカードと同等程度の水準ですが、以下のとおりにイオンカードを利用するとポイント優遇制度がとられます。, イオングループ(全国のイオン、イオンスタイル、イオンモール、ダイエー、グルメシティー、マックスバリュ、イオンスーパーセンター等)で買い物すると還元率が1.0%となります。, イオンカードセレクトの場合はオートチャージでもポイントが付与されますので、オートチャージしてからWAONを利用するとさらにお得になります。, 約500店舗のネットショップにて利用でき、Amazonや楽天市場など有名どころも多く最低2倍、最大21倍ものポイントが付与されます。, コスモ石油やワタミグループなどのときめきポイントクラブ加盟店で利用するとポイント2~5倍になります。, 以上がポイントの取得方法です。利用方法は金券、マイル、商品などに交換することができますが、イオンカードをもっており、ましてイオンゴールドカードを取得しようという方はWAONに交換してしまうのが一番おススメです。, 等価で交換することができ、利用できる店舗も多く、WAONを利用することでもポイントが付与されお得になります。, 上記がイオンカードのポイント制度であり、またイオンゴールドカードのポイント制度でもあります。, イオンカードと同じ特典なので、イオンゴールドカードのメリットはポイント制度ではないということがわかりますね。, じゃあイオンゴールドカードって何のためにあるんだよ!という方、実はイオンゴールドカードは下記のように年会費無料でありながら、他の年会費無料のカードと比較して突出した特典やメリットがあります。, 上記のポイント制度と同じように毎月20日,30日は5%offなどのイオンカードの割引などの特典はそのままこのイオンゴールドカードでも利用することができます。, 快適な空間とお菓子やドリンクのサービスなどの提供を行っており、この充実したサービスからか休日は結構混んでいることも多いです。, 他の総合スーパーなどの違い、イオンではそんなときに心強い味方になるイオンラウンジをイオンゴールドカードをお持ちの方なら利用できます。, イオンゴールドカード1枚につき最大4名まで利用が可能となっていますが、5名以上の大所帯の人は家族カードを発行すると、家族みんなで利用することができますよ!, イオンカードにも付帯してきますが、年間補償額が50万円まででしたが、イオンゴールドカードの場合はパワーアップします。, イオンゴールドカードで買い物したものは1品5千円~300万円まで偶然の事故により損害を被った場合は購入日から180日間年間なんと300万円まで補償してくれます。, 一般的にクレジットカードのショッピング保険の補償期間は90日また補償額については50万円程度のものが多い中とっても太っ腹です。, せっかく購入したものを水没させたり、落として壊してしまって使えなくなったら嫌な思いをしますよね。, このショッピング保険はクレジットカードの控えがないと利用することができないので、イオンゴールドカードで購入した商品については必ず保管しておきましょう!, このイオンゴールドカードの海外旅行保険はついつい最高補償額3,000万円というところに目が行きがちですが、実は傷害による治療疾病200万円、疾病による治療疾病100万円、携行品損害30万円もの保険がついてくるというのもかなりお得なのです。, 海外旅行に行って病気になる可能性や携行品を落として壊す確率と死亡、高度障害になる可能性を比較したら当然前者の方がはるかに高いですよね。, さらに海外旅行にいったら高額な手術、治療金額がかかってしまったというケースも珍しくなく、中には200万を超えるケースもあります。, 携行品損害は時計、衣類、バックなど普段身につけるものが盗難、破損したときなどに補償してくれる保険で、年会費無料のカードでは付帯していない場合も多いです。, 海外では治安が悪いところも少なくないので、この保険があると、万一の時も安心することができます。, これだけお得で充実した海外旅行保険が付帯してきますが、イオンゴールドカードはさらに国内旅行保険も最高3,000万円付帯してきます。, こちらの場合は利用付帯なので、イオンゴールドカードで旅行代金を決済する必要がありますが、充実した内容になっています。, 旅行の時に万一のことがあって、入院をしてしまい、仕事ができなくなってしまい、収入が途絶えたなんてことになってしまったら、目も当てられませんよね・・, 国内旅行保険についても年会費無料のカードでは付帯してこない場合も多々ありますが、このイオンゴールドカードでは安心の通院・入院補償まで付帯してきます。, 年会費無料で羽田空港のラウンジを無料で利用できるカードはほとんどなく、これだけでも羽田空港をよく利用する方ならとってもお得です。, ゆったりくつろげる空間があり、ジュースも無料です。TVや雑誌、新聞もありますので、出発までリラックスでき、有意義な時間を過ごすことができます。, 特段イオンゴールドカードになったからといってイオンで買い物してお得になるわけでも、イオンの商品券がもらえるわけでもなく、せいぜいイオンラウンジが利用できるようになったことだけでした。, もっともこのイオンラウンジはすごい心地よく、ドリンクやお菓子などがおいており、雑誌や新聞も見ることができます。, ですが発行した当時は、ゴールドにもなるんだから、イオンで利用するとポイントいっぱいたまるのかなぁと期待に胸を膨らませていたのですが、特にイオンゴールドカードだからといってイオンで利用することによるメリットはなく、一般のイオンカードとそんなに変わらないということでした。, だからといってイオンゴールドカードは特段悪いわけではなく、むしろ大変素晴らしいお得なカードです。, ゴールドカードというよりは一般のカードの延長戦と考えるのがこのイオンゴールドカードの正しい考え方です。, 一回発行してしまえばずっと使うことができるので、イオンカードを利用する方は1年間イオンカードで支払いをまとめて、是非このイオンゴールドカードの取得を目指しましょう!, 直近1年間のイオンカード利用件数が120件以上&利用累計額が80万円以上になったとき. イオンカードには、55歳以上の方だけが申し込めるg.gマーク付のカードがあります。通常特典に加えて限定特典もあるので、とてもお得なカードなのですが、条件を満たすとゴールドカードを発行してくれるのか心配な方もいるようですね。 イオンカードが発行している年会費無料ゴールドカード。イオンカード利用者のうち、特定の条件を満たした方のみ入手することが出来る極レアなゴールドカードとなっています。20日30日5%オフの特典などももちろんありますよ。 入会費・年会費無料で持つことのできる数少ないゴールドカード! ポイント還元率は通常のイオンカードと変わらないものの、年会費無料のクレジットカードとは思えないほどの特典を持った優良カードです。 スーパーマーケットのイオンから、イオンモールにイオンタウン、マックスバリュやダイエーまで、日本全国あらゆる街でみかける「イオングループ」のお店。イオンカードはそんなイオングループが発行するクレジットカードです。イオンカードにも家族カードがあるってご存知ですか?家族カードというとイオンカードのおまけみたいな感じを受ける方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。イオンカードと同じように毎日の買い物でポイントが貯まり、買い物での代金が割引になるなどうれしい特典があるうえ、家族カードならではのメリットもあります。このページでは、イオンカードの家族カードの基本情報からメリット・デメリット、申込方法および解約方法、さらに知っておけば得する豆知識までまとめて紹介しています。イオンカードを既にお持ちの方から、イオンカードをまだお持ちでない方まで、イオンカードの家族カードの実力をわかりやすく解説していますので、ぜひご覧になってください。, イオンカードの家族カードを紹介する前に、まず「家族カード」について簡単に説明しましょう。家族カードとは、クレジットカード本人会員の家族であれば、本人会員のカードと同様の機能を家族も利用できるカードのことをいいます。クレジットカードを契約した本人がいなくても、「家族カード」さえあれば本カードと同じサービスが受けられます。クレジットカードを持たない専業主婦の人でも、家族カードがあれば店舗でもネットでもカード決済が簡単にできるんです。イオンカードの家族カードももちろん同じです。とくにイオンでの食料品などの買い物の多い主婦の人にとって、家族カードが追加できることを知っておくと、イオンでの買い物をよりお得にすることができてしまいます。そんなお得なイオンカードの家族カード。次に、どんな人が家族カードを発行できるか紹介していきましょう。, イオンカードの家族カードを発行できるのは、イオンカード本人会員と以下のような続柄にある人が対象です。, 「生計を共にする」というのは、ざっくりというと一緒に暮らしているということ。イオンカードを持っている人の奥さんや子どもさんだけでなく、同居しているなら親御さんまでカードを発行することができます。親御さんでも仕事を退職していたり、年金収入のみではクレジットカードをつくりづらいケースもありますよね。そんなときにイオンカードの家族カードがあれば、わざわざ自分でつくる必要もないので便利です。, 家族カードには審査があるものとないものがありますが、イオンカードの家族カードには審査があります。「審査」と聞くと不安を感じる人もいるかもしれませんが、イオンカードの家族カードの審査はあまり心配はいりません。イオンカードが公式に発表している家族カードの発行基準をみてみましょう。, 家族カードの発行基準にもあるように、家族カードで利用する「一切の債務は本人会員に帰属」する、つまり「本人会員がしっかりと返済してくださいよ」といっていて、家族の年収などには言及していないのです。基本的にイオンカードに入会するときにみなさんイオンカードの審査を受けています。本人会員がこれまでカードの利用で問題がなく信用力がしっかりしていれば、家族カードの追加はあまり心配がいりません。ただし、本人会員がイオンカードの利用で「支払いの遅延をしている」、「支払いが何度か滞った経歴がある」といった場合は話が別になります。審査に落ちる可能性もあるので、くれぐれも返済の遅延などには注意しましょう。, イオンカードの家族カードでは、本人会員の利用分と家族カードの利用分がまとめて「ご利用明細書」に記載されます。家族カードの利用責任も本人会員が受けるシステム上、本人会員が利用内容を確認できるようになっています。「それではどれがどのカードの利用分かわかりづらい…」という人には、本人会員カードと家族カードでイオンスクエアメンバーIDを分けて登録することをおすすめします。イオンスクエアメンバーIDを分けると、それぞれのIDで対応するカードの利用分を確認することができるからです。ただ、自分が利用している内容をすべて本人会員に知られたくないときには、家族カードではなく自ら別のカードを申し込む必要があります。イオンカードはイオンカードセレクトやイオンカード(ミニオンズ)など、カードごとに異なる豊富な特典が盛りだくさんなので、家族で異なるイオンカードを利用するのもメリットがあります。, さて、ここまでイオンカードの家族カードを基本となるところからご紹介してきました。ここからは、イオンカードの家族カードにあるメリットから、お得なものを5つ厳選してご紹介します。, 日々のお買い物での利用をイメージしているイオンカードは、家族カードもユーザー目線の使いやすいカードになっています。, イオンカードをお得にしているもののひとつ、それはイオンカードのポイントプログラム「ときめきポイント」です。もちろん家族カードも利用するごとに貯まっていきます。, 大きな買い物や、イオングループでの買い物は、クレジットカードを使ってときめきポイントを貯めるように意識しています。年間でかなりのポイントが貯まるので、すごくお得な気分です。 近所にイオンがある主婦の方にはぜひ作って活用して欲しいカードだと思います。, イオングループの店舗ならいつでもポイント2倍、毎月10日の「ありが10デー」ではポイント5倍と、充実したポイント還元を家族カードでも受けることができます。さらに家族カードを利用して獲得したポイントはすべて本人会員へと集約されるため、分散しているとなかなか貯まりづらいポイントも使いやすさアップ!です。, すでにお伝えしているように、家族カードもイオンカードとほぼ同じサービスを利用できます。, イオンで買い物をする時に、毎月20日と30日などお客様感謝デー開催日を利用すれば、食品や日用品などほとんどの物が5%割引で買えるのがお得だと思います。普段あまり値引きしない、トップバリュやベストプライスといったプライベートブランドの商品や、賞味期限間近など訳ありですでに値引きされている商品も5%割引の対象になるところが嬉しいです。, 毎月20日・30日のお客さま感謝デーの5%オフ、イオンシネマ割引などイオンカードのお得な特典を家族カードも受けることができます。, 主なものをピックアップしただけでもこれだけの特典があります。さらに意外に知られていないイオン以外でもお得になる方法まであったりするんです。イオンカードのお得な特典については、こちらの記事でわかりやすくまとめましたので、ぜひご覧になってみてください。, イオンカードの家族カードは年会費無料です。家族カードの年会費が必要なクレジットカードも多いなか、利用しやすい設定になっています。もちろん発行手数料もかかりません。さらに見逃せないのが、家族カードでもETCカードを発行できるところ。しかもその年会費まで無料です。発行枚数は1枚のカードにつきETCカードを1枚までですが、家族それぞれに車をお持ちの方にはかなり便利です。また、以下のカードは家族カードを作成した時点でETCカードが自動付帯します。, イオンカードでは、家族カードを3枚まで発行できます。しかも年会費無料。ファミリー層を対象としているイオンならではですね。家族カードの利用代金は本人会員の口座から引き落とされます。口座も利用明細も同じだと、家計管理もラクチンです。, やっぱり家族カードがあって配偶者とそれぞれ持てることが便利です。お互いにいくら使ったかということも大まかでもチェックする様にしています。, 配偶者の方に生活費として現金を渡すのが普通かもしれませんが、家族カードであればいちいちATMで現金をおろす必要もなく、過去24ヶ月の明細を保存できるので確定申告などでも便利です。, 家族カードでキャッシングできるのも、イオンカードの家族カードの大きなメリットです。家族カードでキャッシングができるクレジットカードはそう多くはありません。例えば、仕送りをしているひとり暮らしの大学生のお子さんに渡しておけば、何か緊急にお金が必要になったときの保険になります。同居していなくても、生活費を負担していれば「生計を共に」していることになるからです。急な病気や事故でお金が必要なとき、イオンカードなら全国約15万台のATMが利用できるので、もしものときも安心です。, ここまでイオンカードの家族カードの魅力を紹介してきましたが、どんな優れたカードでも注意してほしい点はあります。ここからは、イオンカードの家族カードのデメリットとなる点を、3つ解説していきます。, イオンカードの家族カードでは、利用限度額は本人会員・家族会員で共有することになります。家族カードを発行しても利用限度額が家族会員の分、自動的に増額されるわけではありません。例えば、本人会員のカード利用限度額が50万円だったとしましょう。ここで20万円ほどのエアコンなど大きな買い物をしてしまうと、残りの30万円を本人会員と家族会員で分け合って利用していかなければいけません。分割払いやリボ払いを利用しても返済するまでは利用限度額は戻りません。キャッシングの利用限度額も同様です。家族カードの利用ではクレヒス(個人の信用情報)を育てることもできないので、利用限度額に余裕を持ちたい人は、一般のイオンカードを検討したほうがよいでしょう。, イオンカードの家族カードのなかでは、本人会員の特典がつかない家族カードもあります。そのひとつがイオンカードセレクトです。イオンカードセレクトはクレジットカード、イオン銀行キャッシュカード、電子マネーWAONの3つの機能を持つカードです。イオンカードセレクトの家族カードでは、イオンカード(WAON一体型)が発行されます。これは家族カードにまで銀行のキャッシュ機能は持たせられないからです。キャッシュ機能が付帯しないのにあわせ、以下の特典も家族カードにはつかなくなります。, また、55歳以上の方が対象のG.Gカードの特典も、家族カードを利用される方が55歳未満の場合は適用されません。家族カードの追加はイオンカードの新規入会キャンペーンも対象外となります。, イオンカードの家族カードは、イオンカードセレクト、イオンカード、トイザらスカードなど(株)イオン銀行が発行するクレジットカードで発行できるのですが、なかには対象外のカードもあります。, このほか、「より、そう、ちから、東北電力カード」なども対象外です。提携カードに対象外のカードが多いので、提携のイオンカードで家族カードを検討している方は、申込みの前に確認することをおすすめします。, イオンカードの家族カードはインターネットから申込む方法と手書きの申込書を郵送する方法の2つの方法があります。インターネットからですと、手続きも簡単でスムーズに申込めるのでおすすめです。例外は、ベネッセ・イオンカード(WAON一体型)、KASUMIカード、イオンサンデーカード、イオンカードセレクト(従業員用)の4種類。ベネッセ・イオンカード(WAON一体型)はイオンカードコールセンターから、KASUMIカード、イオンサンデーカードは申込書から、イオンカードセレクト(従業員用)は所属各社の総務・人事経由で申込んでください。, インターネットから家族カードを申込むときは、以下のような流れで手続きすることができます。, 家族カードの発行までの期間は約2週間です。イオンカードの本人会員と家族会員を申込んだ場合は、本人会員のカード発行が決定してから家族カードの手続きに入るため、本人会員のカードから約2週間のタイムラグがあります。, イオンカードの家族カードは、家族カードのみを解約(退会)することが可能です。一部のカードを除き、インターネットから本人会員のカード解約と同じ流れで手続きすることができます。, 先ほどお伝えしたインターネット解約ができない一部カードとは、イオンカードセレクト、イオンカードセレクト(ディズニー・デザイン)、イオンカードセレクト(ミニオンズ)、イオンセプコカード、新潟県生協カードです。イオンカードセレクト関連の解約は、下記のイオン銀行コールセンターまでご連絡ください。, イオンセプコカード、新潟県生協カードは窓口が異なり、下記のイオンカードコールセンターで受け付けています。, イオンカードの本人会員を解約する場合は、家族カードは自動的に解約されるので手続きの必要はありません。また、本人会員のみを解約することはできません。, イオンカードの家族カードのメリットやデメリットについてここまで紹介してきましたが、最後に家族カードをフル活用するための豆知識を解説します。あまり知られていない活用法もあるので、ぜひ参考にしてみてください。, イオンカードの家族カードでは、本人会員のカードがWAON一体型になっていると家族会員のクレジットカードもWAON一体型を使うことができます。, WAONはイオンが提供する電子マネーなので、全国42万ヶ所以上のWAON加盟店や自動販売機で現金代わりに使用できます。またWAONで支払いをしても、WAONポイントが貯まっていきます。クレジットカード払いで貯まっていくときめきポイントとよく混同されがちですが、「クレジットカード払い→ときめきポイント」、「電子マネーWAON払い→WAONポイント」と覚えておくとわかりやすいです。WAONポイントの特長は、ときめきポイントと異なり本人会員へと合算されないこと。その分交換がしやすいので、自分で獲得したポイントは自分で使いたい人に向いています。イオンカードの利用額が限度近くになっているときでも、WAONへは現金でもチャージして利用できるので、ポイントを貯められるのもメリットです。, 家族カードでも、オートチャージ(自動入金)を設定していると設定した金額が自動で電子マネーのWAONへチャージされます。いちいちチャージ(入金)する手間が省けるので便利な機能です。チャージ利用代金はクレジット請求と一緒に支払います。イオンカードセレクトでは、家族会員はクレジットチャージですが、本人会員はイオン銀行口座からのチャージとなります。, イオンカードでは、定期的にさまざまな会員向けのキャンペーンがおこなわれます。実はこのキャンペーン、家族カードからでも応募することができます。現在、おこなわれているだけでも以下のようなキャンペーンがあります。, ただし、応募できるエントリーは1キャンペーンにつき、本人会員と家族会員あわせて1エントリーのみ。同じキャンペーンでも新規入会キャンペーンは対象外です。例えば、本人会員のお父さんがキャンペーンに興味のない人であれば、ポイントや特典の獲得チャンスです。, イオンカードのなかでもワンランク上のクレジットカード、イオンゴールドカードでも家族カードは発行できます。もちろん、本人会員同様、ゴールドカードの特典を受けることができます。全国180店舗以上のイオンにある「イオンラウンジ」や羽田空港の空港ラウンジも使用可能ですし、ショッピングセーフティ保険などの各種保険も家族会員特典で利用できます。さらに、本人会員のイオンカードがイオンゴールドカードへと切替わると家族カードもイオンゴールドカードの家族カードへと自動で切替わります。, 日本全国いたるところでサービスを展開しているイオングループ。イオンカードは、そのイオンでお得に便利に利用できるクレジットカードです。イオンカードでは家族カードも年会費無料で発行することができ、本人会員のカードとほぼ同じサービスを受けられるうえ、さまざまなメリット、お得な利用法があります。このページではイオンカードの家族カードについて、メリットやデメリット、申込方法・解約方法、お得な豆知識まで網羅的に解説しています。すでにイオンカードをお持ちの方だけでなく、イオンカードをまだお持ちでない方も、参考にしていただけると幸いです。, 普段あまり値引きしない、トップバリュやベストプライスといったプライベートブランドの商品や、賞味期限間近など訳ありですでに値引きされている商品も5%割引の対象になるところが嬉しいです。, オートチャージ(自動入金)を設定していると設定した金額が自動で電子マネーのWAONへチャージされます, イオンゴールドカードの入手方法を紹介!インビテーションの条件や審査、豊富な特典を解説, イオンカードの審査は甘いか口コミから徹底検証!審査落ちする5つの原因も合わせて解説!, イオンカードセレクトならWAONオートチャージでポイント二重取り!預金金利が優遇される特典も, ときめきポイントTOWNを徹底解説!イオンカード利用者は賢く使ってポイントを貯めよう, イオンカードのリボ払いを解説!手数料や一括、繰り上げ返済の方法、注意点まで総まとめ, イオンJMBカードでお得にマイルを貯める方法やJALカードとの賢い使い分け方をご紹介!, イオンシネマを割引価格1000円で観る方法!ワタシアターより安くなるのはミニオンズカード!, イオンカードに海外旅行保険はついている?保険の補償内容から保険金の請求の流れを紹介!, イオンカードではJAL・ANAマイルが貯められる?お得な貯め方や交換方法を徹底解説, 本人会員が本人会員の代理人として本規約に基づくクレジットカード利用の一切の権限を授与した家族で、(株)イオン銀行が入会を認めた方. 家族カード、etcカードを年会費無料で発行可; イオンカードセレクト等で利用実績が必要(招待限定) 招待時のデザインから変更不可(例:ディズニー→ディズニーのみ) ミニオンズデザインはゴールド招待されない; 通常ポイント還元率は0.5%と高くない 年会費が毎年無料 3. イオンカードセレクトへのお切替えに伴う、家族カードのお手続きは必要ございません。今お持ちの家族カードをそのままご利用ください。 ※お届けするカードは、イオンカード(waon一体型)となります。 因みにイオンカードゴールドでも年会費が無料ですが、特に目玉な特典も無かったので通常のイオンカードと比較しておきます。 ゴールドカードになる条件としては年100万円の利用です。これはエポスカードゴールドも同条件です。 イオンカードの還元率 毎月5日、20日のお客さま感謝デーは会計が5%OFF 7. ここでは、実際に使っている人の口コミを交えて『イオンカード』のメリットをよりわかりやすく説明していきます。 1. 年会費無料のイオンゴールドカードのご案内です。海外旅行保険、国内旅行保険も充実の補償内容で無料付帯。空港ラウンジもご利用対象箇所が増えてより便利に。持つ喜びがさらに高まる一枚へ。 イオンゴールドカード1枚につき最大4名まで利用が可能となっていますが、5名以上の大所帯の人は家族カードを発行すると、家族みんなで利用することができますよ! イオンゴールドカードはインビテーションをもらうことで年会費無料で利用できます。当記事では、そんなイオンゴールドカードのインビテーションをもらう条件や非公式ながら得られた体験談について解説しています。ぜひ年会費無料のイオンゴールドカードを手に入れましょう! イオンゴールドカードは、 3枚まで年会費無料で「家族カード」を作ることが可能 です。 イオンゴールドカードの家族カードは 生計をともにする18歳以上(高校生を除く)の家族であれば発行可能 。 イオンゴールドカードだけに限らず、その他のゴールドやプラチナカードのインビテーション(招待状)をもらう為には、「カードの利用実績」が必要になります。少しでも早く実績を積むためには「家族カード」を活用するといいですよ。